環境に配慮した製品づくり

回収・リサイクル

  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を

循環型社会の形成へ向けた取り組み

ブラザーグループでは、お客様が製品を使い終わったときの配慮として、各国法規制に従い、製品や消耗品のリユース・リサイクル性向上やリサイクルシステムの構築を推進しています。

ブラザーグループの回収・リサイクル事例

ブラザーインターナショナル(ヨーロッパ)Ltd.

ヨーロッパではリサイクルのポータルサイトを設け、使用済みトナーカートリッジ・ドラムユニット・インクカートリッジ・製品の返却方法や回収箱の請求方法など、28カ国それぞれの対応方法を掲載しています。

製品の回収・リサイクルについては、WEEE指令に対応し、各国で整備された回収・リサイクルルートを活用しています。

リサイクルのポータルサイト(ヨーロッパ)

ブラザーインダストリーズ (U.K.) Ltd.、ブラザーインダストリーズ(スロバキア)s.r.o.

ブラザーインダストリーズ(U.K.)Ltd.のリサイクル・テクノロジーセンターでは、ブラザーグループの中枢拠点として、トナーカートリッジのリサイクルのみならず、日本やアメリカの拠点とともに、リサイクルに適したトナーカートリッジの設計や開発を行っています。また、リサイクル工程を自動化するシステムの構築も進めています。このリサイクル・テクノロジーセンターのサポートの下、ブラザーインダストリーズ(スロバキア)s.r.o.(以下、BISK)が、主にヨーロッパで流通しているブラザー製品のトナーカートリッジをリサイクルしており、BISKで積み上げられた実績や開発ノウハウは、日本やアメリカなどに展開され、ブラザーグループ全体の技術の底上げにつながっています。
リサイクル技術向上のためのたゆまぬ努力を続けた結果、2004年のリサイクル開始から、2020年3月末までに、グループ全体で2,980万個のカートリッジを再生しました。

環境技術の取り組み「トナーカートリッジリサイクル」

未来の地球環境のために、リサイクルの可能性 トナーカートリッジリサイクル

ブラザーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)

アメリカでは回収・リサイクル事業者に委託し、州法・連邦法に従ってシステムを運用しています。

ブラザーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)では、Webサイトで使用済みトナーカートリッジ・ドラムユニット・インクカートリッジ・テープカセットの返却方法を掲載しています。

また、カナダでも現地の販売拠点を通じて、使用済みトナーカートリッジを回収しています。

ブラザー販売株式会社

日本では、各プリンティング機器メーカー・販売元が小売店店頭に回収ボックスを設置して、自社の使用済みインクカートリッジを回収しています。さらに2007年1月には、回収率のさらなる向上を目指して、ブラザーグループを含む各プリンティング機器メーカー・販売元が、郵便局を回収窓口とする「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」を立ち上げ、2008年より全国各地で回収をおこなっています。詳細については、「インクカートリッジ里帰りプロジェクトのご案内」をご覧ください。 (「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」のサイトへリンクします。)

「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」の回収プロセス 「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」の回収プロセス

また、ビジネスパートナーと共同で、法人向け使用済み自社製品(ファクス・プリンター・複合機)の回収・リサイクルを行っています。詳細については「使用済み消耗品回収のご案内 」、「法人向け使用済み製品回収のご案内」をご覧ください。

三重ブラザー精機株式会社

三重ブラザー精機株式会社では、欧州で培ったリサイクルのノウハウを生かし、2009年度よりモノクロレーザープリンター用トナーカートリッジの再生に取り組んでいます。
回収した使用済みモノクロトナーカートリッジは選別の上、分解・清掃・部品交換などを行い再生しています。環境負荷をさらに低減するために、欧州・米州にあるリサイクル拠点と随時情報を共有し、より最適な方法で再生を行っています。
なお、回収した使用済みカラートナーカートリッジは、ブラザーインダストリーズ(U.K.)Ltd.に送り、リサイクルしています。

モノクロトナーカートリッジ モノクロトナーカートリッジ

ブラザーインターナショナル(オーストラリア)Pty. Ltd.

ブラザーインターナショナル(オーストラリア)Pty. Ltd.は、プリンターカートリッジのリサイクルプログラム「Cartridges 4 Planet Ark(C4PA)」の創設メンバーです。創設以降、このプログラム全体で4,670万個(2020年8月末時点)のプリンターカートリッジが回収・リサイクルされました。
また、電子製品スチュワードシップ・オーストラレーシア (EPSA)のメンバーとして、プリンターをリサイクルするための国家電子廃棄物リサイクルスキームにも参加しています。

ブラザーインターナショナル(ニュージーランド)Ltd.

ブラザーインターナショナル(ニュージーランド)Ltd.では、経験豊富なリサイクル事業者と提携し、使用済みインクカートリッジ・トナーカートリッジ・ドラムユニットなどの消耗品およびプリンターの回収・リサイクルを実施しています。2019年度の回収量は、消耗品が合計11万個、プリンター/複合機が41トンです。

トナーカートリッジのクローズドループ・リサイクルによるCO2排出量の削減

回収された使用済みトナーカートリッジは、ブラザーグループの再生拠点で新製品と同一品質を持つトナーカートリッジへとリサイクルされ、再び、お客様に届けられます。
このように「クローズドループ」でリサイクルを行うことによって、廃棄物の削減による天然資源の有効利用だけでなく、CO2の排出削減にも貢献しています。
2019年度はブラザーグループ全体で、277万個のトナーカートリッジを再生し、5,850トンのCO2の排出削減に寄与しました。

このページをシェアする