サステナビリティ

サステナビリティ

ESGデータ

サステナビリティ

共通データ

ブラザーグループ グローバル憲章

2018年度 2019年度 2020年度
ブラザーグループ グローバル憲章 1999年制定
翻訳言語 27言語 28言語 28言語
経営層と従業員の対話 2,500回以上 約3,000回 約4,000回

拠点数・売上収益

2018年度 2019年度 2020年度
生産拠点や販売・サービス拠点 40以上の国と地域
売上収益(連結) 683,972百万円 637,259百万円 631,812百万円
地域別売上収益構成比 日本 18.2% 19.2% 15.7%
米州 30.5% 31.4% 31.8%
欧州 26.4% 27.4% 28.2%
アジア他 24.9% 22.1% 24.3%

外部からの評価

FTSE4Good Index Series 2020年6月から選定
FTSE Blossom Japan Index 2020年6月から選定
MSCI 日本株女性活躍指数(WIN) 2019年11月から選定
SOMPOサステナビリティ・インデックス 2012年から選定
健康経営銘柄 2017年、2019年、2020年、2021年選定
健康経営優良法人 2017年から認定

環境(E)関連データ

マテリアルバランス

ブラザーグループでは、各生産拠点で加工および組み立てを行い、各種の製品を供給しています。こうした事業活動全体を通じて発生する資源の消費、CO2の排出、廃棄物の発生など、環境負荷の概要を定量的に把握し、環境負荷の削減に活用しています。

2016~2020年度の資源投入/物質の生産・排出

資源・エネルギーの投入

資源消費量製品原材料グラフ 総エネルギー消費量原油換算量グラフ 水利用量グラフ

集計範囲は、製品に直接関わる範囲としています。

  • 2018年度の資源消費量製品原材料データを精査し、242から229へ訂正しました。

物質の生産・排出

温室効果ガス排出量グラフ 排水量・リサイクルされた量グラフ 生産系廃棄物・リサイクルされた量グラフ

集計範囲は、製品に直接関わる範囲としています。
対象拠点は、マテリアルバランス [PDF/549KB] 8ページをご覧ください。

CO2排出削減

2016~2020年度のISO 14064に基づいたスコープ1・2・3の温室効果ガス(GHG)排出量

カテゴリー CO2排出量t-CO2換算値
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
スコープ1:直接排出 72,819 67,068 21,622 17,363 18,356
スコープ2:
エネルギー起源の間接排出
ロケーション基準 123,093 122,220 120,199 107,833 98,508
マーケット基準 122,244 118,524 122,599 107,285 98,685
スコープ3:その他の間接排出 3,001,247 3,522,096 3,293,722 2,809,046 2,752,567
C1 購入した製品・サービス 1,396,926 1,613,936 1,559,654 1,351,272 1,302,661
C2 資本財 59,849 68,872 57,780 56,658 75,897
C3 燃料およびエネルギー関連活動 10,305 11,334 12,247 10,955 10,987
C4 輸送、配送(上流) 86,629 70,416 83,395 80,691 103,148
C5 事業から出る廃棄物 3,357 3,452 2,960 3,680 4,138
C6 出張 4,895 4,528 4,414 3,663 1,558
C7 雇用者の通勤 14,326 15,689 15,557 14,247 14,698
C8 リース資産(上流) 4,312 7,211 6,288 5,176 4,642
C9 輸送、配送(下流) 18,238 16,017 16,534 15,312 14,671
C10 販売した製品の加工 - - - - -
C11 販売した製品の使用 1,153,210 1,426,816 1,240,830 998,441 968,174
C12 販売した製品の廃棄 247,470 282,000 292,281 267,207 250,107
C13 リース資産(下流) 1,729 1,729 1,742 1,742 1,886
C14 フランチャイズ - 97 39 - -
C15 投資 - - - - -
スコープ1・2・3の合計 ロケーション基準 3,197,159 3,711,384 3,435,543 2,934,242 2,869,431
マーケット基準 3,196,310 3,707,688 3,437,943 2,933,694 2,869,608

ロケーション基準に関する排出係数の出典は下記です。

  • IEA - EMISSION FACTORS 2019
  • GHG Protocol - Calculation tools
  • DEFRA
  • スコープ3のC1・C11・C12は、2021年に算定方法を変更したため、2015年度(基準年)にさかのぼって検証を受けました。

対象範囲

外部保証

資源循環・廃棄物削減

2016~2020年度の主な事業所の水関連データ

取水量・排水量・リサイクルされた水の量

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
取水量(m3) 上水 781,998 786,318 669,888 550,645 504,122
工業用水 8,668 0 0 0 0
地下水 85,769 98,842 99,816 100,557 87,474
排水量(m3) 河川 317,647 259,441 223,764 190,703 179,782
下水道 467,564 526,403 448,096 382,111 338,746
その他 428 423 422 251 1,177
リサイクルされた水の量(m3) 90 552 288 421 3,759
リサイクルされた水の割合(%) 0.0 0.1 0.0 0.1 0.7

集計範囲は、製品に直接関わる範囲としています。
対象拠点は、マテリアルバランス [PDF/549KB] 5ページをご覧ください。

水質汚濁負荷量*

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
水質汚濁負荷量(t) BOD 11.1 40.4 19.6 25.0 37.8
COD 28.6 68.1 40.4 46.1 95.3
ノルマルヘキサン抽出物質 0.7 1.2 0.6 0.5 0.7
SS 57.4 25.0 44.1 13.8 29.4

集計範囲は、製品に直接関わる範囲としています。
対象拠点は、マテリアルバランス [PDF/549KB] 6ページをご覧ください。

  • 計算方法を見直しました。

生物多様性保全

汚染予防と化学物質管理

環境に配慮した製品づくり

社会(S)関連データ

製品安全

ビジネスパートナー

2018年度 2019年度 2020年度
調達方針とCSR調達基準 2008年制定
グリーン調達 2001年開始
方針説明会 各会場合計372社、約670人の参加 各会場合計460社、約900人の参加 オンラインで開催 129社、217人の参加
CSRアンケート 2012年開始(3年ごとに実施)

ダイバーシティ・両立支援*1

2018年度 2019年度 2020年度
従業員数*2 3,865人 (男性3,081人、女性784人) 3,800人 (男性3,026人、女性774人) 3,803人 (男性3,024人、女性779人)
女性従業員比率*2 20.3% 20.4% 20.5%
平均勤続年数*2 17.1年 (男性17.2年、女性16.8年) 17.2年 (男性17.2年、女性17.2年) 17.3年 (男性17.2年、女性17.7年)
男女平均勤続年数差異*2 -2.3% 0.0% 2.9%
管理職数*2 853人 (男性819人、女性34人) 839人 (男性804人、女性35人) 832人 (男性794人、女性38人)
女性管理職比率*2 3.99% 4.17% 4.57%
新入社員数*3 83人 (男性64人、女性19人) 81人 (男性66人、女性15人) 74人 (男性57人、女性17人)
女性新入社員比率*3 22.9% 18.5% 23.0%
臨時従業員(派遣社員含む)比率 12.6% 17.0% 17.2%
離職率・人数*4 1.4%・54人 1.3%・50人 1.0%・39人
障がい者雇用率 (単独) 2.18%、(国内グループ会社13社*5含む) 2.04% (単独) 2.03%、(国内グループ会社13社*5含む) 2.11% (単独) 2.17%、(国内グループ会社13社*5含む) 2.17%
育児休職制度の利用者*6 73人 (男性35人、女性38人) 74人 (男性41人、女性33人) 99人 (男性63人、女性36人)
育児休業取得率 男性24.1%、女性100.0% 男性32.8%、女性100.0% 男性54.8%、女性100.0%
介護休職制度の利用者*6 5人 (男性1人、女性4人) 3人 (男性2人、女性1人) 2人 (男性1人、女性1人)
育児のための短時間勤務者 177人 (男性9人、女性168人) 176人 (男性7人、女性169人) 184人 (男性10人、女性174人)
介護のための短時間勤務者 3人 (男性0人、女性3人) 6人 (男性1人、女性5人) 5人 (男性2人、女性3人)
看護休暇の利用者 33人 (男性7人、女性26人) 28人 (男性7人、女性21人) 13人 (男性3人、女性10人)
在宅勤務制度の利用者 78人 (男性7人、女性71人) 226人 (男性111人、女性115人) 2,171人 (男性1,805人、女性366人)
  1. ブラザー工業(株)
  2. 各年度3月31日現在
  3. 各翌年度4月1日現在
  4. 自己都合退職者
  5. ブラザーインターナショナル(株)、ブラザー販売(株)、(株)ブラザーエンタープライズ、ブラザーロジテック(株)、(株)エクシング、(株)スタンダード、(株)テイチクエンタテインメント、(株)ニッセイ、三重ブラザー精機(株)、ブラザー不動産(株)、ブラザーリビングサービス(株)、(株)ビートップスタッフ、ブラザーインダストリアルプリンティング(株)
  6. 各年度の取得開始者数

安全衛生・防災/健康経営

2018年度 2019年度 2020年度
生産拠点労働災害件数 20件 14件 18件
生産拠点労働災害千人率 0.77 0.57 0.66
グローバル安全防災大会 2008年開始
ブラザーグループ健康経営理念 2016年制定

地域社会

2018年度 2019年度 2020年度
東海若手起業塾
(ブラザー工業(株))
2008年協賛開始
ゴールデンリングプロジェクトへの従業員参加 20拠点 23拠点 中止
NPO法人への寄付額
(ブラザー工業(株))
8,229,163円 10,699,112円 3,472,020円
絆ファンド 従業員参加人数 278人 152人 97人
寄付額 2,506,607円 5,050,216円 1,524,950円
プロボノ参加人数
(ブラザー工業(株))
目標 3人 3人 3人
実績 3人 3人 3人

ガバナンス(G)関連データ

コーポレートガバナンス

2018年度*1 2019年度*2 2020年度*3
取締役 人数 11人 11人 11人
うち社外取締役 5人 5人 5人
女性取締役 比率 9.1% 9.1% 9.1%
人数 1人 1人 1人
監査役 人数 5人 5人 5人
うち社外監査役 3人 3人 3人
役員 人数 32人 34人 31人
うち女性 2人 2人 2人
うち外国人 0人 2人 2人
ブラザーグループ社会的責任に関する基本原則 2012年制定
グローバル内部監査会議 2010年開始
グループ情報管理規程 2015年制定(ブラザー工業は2008年)
  1. 2019年6月24日現在
  2. 2020年6月24日現在
  3. 2021年6月23日現在

株主*

2018年度 2019年度 2020年度
決算説明会 年4回
株主通信 年2回発行(通期号は招集ご通知と合冊)

このページをシェアする