サステナビリティ

CSR経営

外部からの評価

サステナビリティ

FTSE4Good Index Series・FTSE Blossom Japan Index・FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)は、ロンドン証券取引所のグループ会社であるFTSE Russellが開発したESG投資*1指数「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に2020年から選定されています。

ロゴ_FTSE4Good Index Series ロゴ_FTSE Blossom Japan Index

「FTSE4Good Index Series」は、ESGに関する評価基準を満たした企業で構成されており、世界的に認知度の高いESG投資指数です。また、「FTSE Blossom Japan Index」は、日本株式市場に特化した指数として、世界最大規模の資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(以下、GPIF)にESG指数として採用されています。

加えて、ブラザー工業は、2022年3月、ESG投資の株価指数である「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定されました。

ロゴ_ FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」は、各セクターにおいて相対的に、ESGの対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラル*2となるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI(Transition Pathway Initiative)経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、2022年3月30日からESG指数としてGPIFに採用されています。

各インデックスへの選定は、ブラザーグループにおけるESGに対するさまざまな取り組みが評価された結果と捉えています。
ブラザーグループは今後も、ESGを重視した経営を推進し、事業の成長と社会的責任の遂行によって、持続的な企業価値の向上を図ってまいります。

  1. 環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資
  2. 業種において中立の立場を用いて安定的な収益を得る投資方法
FTSE4Good Index Series (「FTSE4Good Index Series」(英文)のサイトへリンクします)
FTSE Blossom Japan Index (「FTSE Blossom Japan Index」(英文)のサイトへリンクします)
FTSE Blossom Japan Sector Relative Index (「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」(英文)のサイトへリンクします)


FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここにブラザー工業株式会社が第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)

ブラザー工業は、アメリカのモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社(以下、MSCI)が算出・提供しているESG投資指数「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄に2019年から選定されています。

ロゴ_MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)

「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」は、国の定める「女性活躍推進法」に基づく性別多様性に関するデータベース(女性の活躍推進企業データベース*)における女性の労働者・管理職が占める割合などのデータや企業の開示情報をもとに、女性活躍推進に積極的に取り組むリーダー企業を選定するものです。
GPIFに採用されている本指数の選定は、これまでブラザー工業が多様な働き方を支援し「女性活躍推進に関する宣言」や「女性活躍推進に関する行動計画」の策定、女性の活躍を推進する各種制度や施策への取り組みなどが評価された結果と捉えています。

ブラザーグループは、引き続き従業員の多様性を尊重しながら、強固な企業組織の構築と社会的責任の遂行により、すべてのステークホルダーと信頼関係を強め、さらなる事業の成長に努めます。

MSCI ESG Research (「MSCI ESG Research」(英文)のサイトへリンクします)

DISCLAIMER
THE INCLUSION OF BROTHER INDUSTRIES, LTD. IN ANY MSCI INDEX, AND THE USE OF MSCI LOGOS, TRADEMARKS, SERVICE MARKS OR INDEX NAMES HEREIN, DO NOT CONSTITUTE A SPONSORSHIP, ENDORSEMENT OR PROMOTION OF BROTHER INDUSTRIES, LTD. BY MSCI OR ANY OF ITS AFFILIATES. THE MSCI INDEXES ARE THE EXCLUSIVE PROPERTY OF MSCI. MSCI AND THE MSCI INDEX NAMES AND LOGOS ARE TRADEMARKS OR SERVICE MARKS OF MSCI OR ITS AFFILIATES.

EcoVadis(エコバディス) サステナビリティ調査

ブラザー工業は2022年5月、フランスのEcoVadis社が実施したサステナビリティ調査において「シルバー」の評価を獲得しました。グループ会社であるドミノプリンティングサイエンスは、本調査で「ブロンズ」の評価を獲得しています。

ロゴ_EcoVadis_シルバー

EcoVadis社のサステナビリティ調査は、世界のサプライチェーンに対してSDGsへの取り組みを調査・評価するものです。世界160カ国、200業種に及ぶ約90,000の企業がその対象となっており、国際的なCSR規格に基づいた「環境」「労働と人権」「倫理」「持続可能な資材調達」の4つのテーマで、21のサステナビリティ基準をもとにスコアが算出されています。

ブラザーグループでは、すべての活動の礎である「グローバル憲章」で、お客様を第一としたステークホルダーの皆さまとの長期的な信頼関係を構築することを掲げています。グローバルに環境・社会課題に対する意識がさらに高まっていく中で、すべての従業員がESGやSDGsを一層意識しながら、これからも事業を通じた社会価値の創出に取り組みます。

Clarivate Top 100 グローバル・イノベーター

ブラザー工業は、世界的な情報サービス企業である英国クラリベイト社による「Clarivate Top 100 グローバル・イノベーター 2022」において、世界のイノベーション・エコシステムの頂点に立つ組織100社として選出されました。初受賞の2012年から、今回で5回目の受賞となります。

Clarivate Top 100 グローバル・イノベーター 2022_ロゴ

「Clarivate Top 100 グローバル・イノベーター 2022」は、クラリベイト社が保有する特許データに基づき、「世界の⾰新的企業/機関トップ100社」を年に1 度、選出するものです。2000年以降に500件以上の特許出願を行い、さらに直近5年間で1年あたり100件以上の特許登録を行った企業を対象に、「影響⼒」「成功率」「グローバル性」「技術分野の広さ」の4つの要素でスコアが算出されます。ブラザー工業は「成功率」において、特に⾼いスコアを得られたことが選出につながりました。

今後もブラザーグループは、事業の持続的成⻑のために、価値の⾼い知的財産の蓄積に努めるとともに、経営戦略や事業戦略と⼀体になった知的財産に関する戦略を遂⾏し、イノベーションを通じて、社会の発展と地球の未来に貢献します。

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

ブラザー工業は、S&Pダウ・ジョーンズと東京証券取引所がESGのうちE(環境)に着目した株価指数である「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」に2018年から選定されています。

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」は、日本市場の動向を示す代表的な株価指数である東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄を対象に、環境情報の開示状況、炭素効率性(売上高当たり炭素排出量)の水準に着目して、構成銘柄の組み入れ比率を決定する指数です。本指数は、ESG指数のうちグローバル環境指数として、GPIFに採用されています。

ブラザーグループでは、持続的発展が可能な社会の構築に向け、企業活動における環境情報の適切な開示や、TCFD提言への賛同などによる脱酸素社会に貢献する取り組みを進めています。今後も、企業活動のあらゆる面において、地球環境への配慮に前向きな姿勢で取り組んでいきます。

SOMPOサステナビリティ・インデックス

SOMPOアセットマネジメント株式会社が独自に設定している「SOMPOサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に、ブラザー工業は2012年から選ばれています。

SOMPO Sustainability Index logo

「SOMPOサステナビリティ・インデックス」は、2012年から設定されており、ESGに優れた約300社が毎年選定され、同社の「SOMPOサステナブル運用」に活用されています。「SOMPOサステナブル運用」は、ESGにフォーカスした運用プロダクトで、複数の年金基金や機関投資家に採用されています。
設定当初からの選定は、ブラザー工業のESGの取り組みが継続的に評価された結果と捉えています。

ブラザーグループは、これからも中長期的な視野に立ってグローバルなCSR経営を推進することで、すべてのステークホルダーからの信頼を積み重ねるとともに、さらなる事業の成長を目指します。

健康経営に関する評価

健康経営優良法人2022

ブラザー工業は、経済産業省が設計し日本健康会議が運営する健康経営優良法人認定制度において、2017年から「健康経営優良法人(ホワイト500)」に6回認定されています。

健康経営優良法人

「健康経営優良法人」は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。ブラザー工業は、ストレスチェックの集団分析結果をもとに職場環境を改善し、高ストレス者率を減少させる取り組みや、さまざまな禁煙施策により喫煙率が低下していることなどが評価され、認定されました。
加えて、グループ会社である、株式会社エクシング*1・株式会社ニッセイ*1・株式会社ビートップスタッフ・ブラザー販売株式会社・ブラザーインターナショナル株式会社・株式会社ブラザーエンタープライズ・ブラザーロジテック株式会社・三重ブラザー精機株式会社・ブラザー不動産株式会社・昭和精機株式会社・ビーエム工業株式会社・瑞穂ミシン株式会社・ブラザーインダストリアルプリンティング株式会社の13社も認定されています。

また、ブラザー工業は、経済産業省と東京証券取引所が共同で選出する「健康経営銘柄」に2017年から4回選定されました。
「健康経営銘柄」とは、東京証券取引所に上場している企業の中から、従業員などの健康管理を経営的な視点で考え戦略的に取り組んでいる企業を健康経営に優れた企業として選定し、長期的な視点で企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介する制度です。2021年には、グループ会社である株式会社ニッセイも健康経営銘柄に認定されました。

ブラザーグループは、ブラザー工業の経営トップを最高健康責任者とした健康経営推進体制を構築し、会社・労働組合・健康保険組合が三位一体となり、従業員の健康の保持・増進に向けたさまざまな施策を展開してきました。従業員一人ひとりの心身の健康こそ大切な「財産」ととらえ、これからも従業員が安心して健康に働ける環境を整備し、健康経営の実現を推進してまいります。


* 「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

  1. 大規模法人部門上位500社のみ認定される「ホワイト500」

「第1回上手な医療のかかり方アワード」最優秀賞受賞

ブラザー工業は、2020年3月、厚生労働省主催の「第1回上手な医療のかかり方アワード」において、最も優れた取り組みを行っていると評価された団体に贈られる「厚生労働大臣賞 最優秀賞」を受賞しました。「上手な医療のかかり方アワード」は、夜間の時間外受診や休日受診の増加により、一刻を争う急病人を優先して診察できないことや、医療従事者の過剰労働を防ぐため、医療機関へのかかり方の改善につながる優れた取り組みを奨励・普及することを目的に実施されています。

上手な医療のかかり方アワード

ブラザー工業では、ブラザーグループ健康経営理念に基づき、従業員が安心して働くことができるよう、さまざまな取り組みを進めています。その中でも、今回の受賞にあたっては、業務中のけがや急病に備えて各職場に用意されている緊急時対応表や、従業員が業務時間内でも受診しやすい環境の整備、「病気の治療と仕事の両立」および「不妊治療と仕事の両立」の2つの社内ガイドラインによる仕事と治療の両立支援の推進などが高く評価されました。

ブラザーグループは、これからも従業員の健康保持・増進に対する取り組みを強化していきます。

「体力つくり国民会議議長賞」受賞

ブラザー工業を中心とした20事業所で構成されるブラザー健康保険組合は、スポーツ庁が主催する2021年度「体力つくり優秀組織表彰」において、「体力つくり国民会議議長賞」を受賞しました。

「体力つくり優秀組織表彰」とは、保健・栄養の改善および体力つくり運動*1を推進し顕著な成果をあげている地域や職場に対して、文部科学大臣、体力つくり国民会議議長が表彰を行うものです。

今回の受賞では、ブラザー健康保険組合が、ブラザーグループの各企業および労働組合とともに、従業員の健康に関する長期目標「健康ブラザー2025*2」を掲げ、その達成に向けて三位一体となって、戦略的に従業員とその家族の健康・体力づくりに取り組んでいることが評価されました。

具体的な取り組みとしては、家族で楽しみながら参加できる「ファミリーウォーク」や社内でチームを組んで歩数を競い合う「チームDEウォーク」などの各種ウォーキングイベント、コロナ禍での在宅勤務や外出自粛の継続による運動不足解消のためのオンライン健康教室の開催、ブラザーグループオリジナルの「Brother体操」の制作および配信などがあります。

ブラザーグループは今後も、ブラザー健康保険組合とともに従業員とその家族の健康管理と体力維持に向けた取り組みを進めていきます。

  1. スポーツ・レクリエーションを普及する運動のこと
  2. ブラザー工業のほか、ブラザー販売(株)、(株)エクシング、(株)ニッセイなど国内20事業所が対象

「スポーツエールカンパニー」認定

ブラザー工業は、スポーツ庁による「スポーツエールカンパニー」に、2019年から認定されています。

スポーツエールカンパニー2022_logo

スポーツエールカンパニーとは、仕事や家事・育児により運動不足になりやすい「働き盛り世代」に対して、スポーツに親しむ環境づくりを進める企業を、スポーツ庁が認定する制度です。

今回評価された取り組みの一つは、ブラザー健康保険組合や労働組合と共同で、カンフーや太極拳による肩こり解消運動などスポーツカーニバルをオンラインで開催したことです。ほかにも、社長自らが出演するブラザーオリジナル体操の動画を日本語・英語・中国語・ベトナム語で制作して各拠点に配信したことなどがあります。

ブラザーグループは、今後も従業員が運動に興味を持つきっかけ作りや運動する機会の提供を、積極的に行っていきます。

「がん対策推進パートナー賞」受賞

ブラザー工業は、厚生労働省委託事業「がん対策推進企業アクション」の2021年度がん対策推進企業表彰において、「がん対策推進パートナー賞(情報提供部門)」を受賞しました。

がん対策推進企業アクションとは、国民のがん検診受診率を50%以上に引き上げることを目標に、企業と連携して「がん検診受診」の大切さを呼びかける厚生労働省の委託事業です。

今回の受賞では、従業員の健康に関する長期目標「健康ブラザー2025」の一つであるがん検診の受診率向上を図るため、ブラザー工業が、「がん予防スタンプラリー」を2020年度に開始し、多くの従業員へがんに関する情報提供を行ったことが評価されました。
「がん予防スタンプラリー」とは、参加者ががんに関する資料を読んだり、がんクイズや健康教室などに参加したりすることによってスマートフォン上のスタンプカードにスタンプがたまり、たまったスタンプに応じて特典が得られる仕組みです。2021年度からは、ブラザー工業の従業員だけでなく、国内のブラザーグループの従業員まで対象を広げて開催されました。

ブラザーグループは今後も、従業員の健康に関するリテラシーを高める取り組みを継続して行うと同時に、病気にかかってしまった場合でも、治療と仕事の両立ができることを目指し、助け合える働きやすい環境作りに取り組んでまいります。

女性活躍推進、子育て支援などに対する評価

活動項目 認定企業の要件
受賞理由
認定・受賞ロゴマーク
女性活躍推進 女性の活躍促進に向け、トップの意思表明や採用拡大、職域拡大、育成、管理職登用のほか、ワークライフバランスの推進や働きながら育児・介護できる環境づくりなどに取り組んでいく企業
あいち女性輝きカンパニー
あいち女性輝きカンパニー
名古屋市女性の活躍推進企業
名古屋市女性の活躍推進企業
子育て支援 結婚・出産後の労働環境を整備し、子育てをサポートする働きやすい企業
"くるみん"認定企業(厚生労働省)
"くるみん"認定企業(厚生労働省)
名古屋市子育て支援企業
名古屋市子育て支援企業
仕事と育児・介護の両立 仕事と育児・介護とが両立できるように、様々な制度をもち、職場環境を整え、多様でかつ柔軟な働き方を労働者が選択できるような取り組みを実施している企業
愛知県ファミリー・フレンドリー企業
愛知県ファミリー・フレンドリー企業
仕事と介護の両立(厚生労働省)
仕事と介護の両立(厚生労働省)
仕事と治療の両立 がんや脳・心臓疾患、糖尿病などの疾病や不妊の悩みを抱える労働者が治療を続けながら、安心して働くことができるように、治療と仕事の両立支援に取り組んでいる企業
あいち治療と仕事の両立支援カンパニー
あいち治療と仕事の両立支援カンパニー
上手な医療のかかり方アワード
第1回上手な医療のかかり方アワード 最優秀賞受賞(厚生労働省)

このページをシェアする