サステナビリティ

環境(E)

CO2排出削減

サステナビリティ

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

グラフのアイコン

ブラザーグループ 環境ビジョン2050

パリ協定に賛同し温室効果ガス排出量を実質ゼロにする脱炭素社会形成へ貢献

GOAL

2050年、ブラザーグループは、あらゆる事業活動のカーボンニュートラル*とバリューチェーン全体のCO2排出最小化を目指し、脱炭素社会の形成に貢献している。

  • ブラザーグループから排出するCO2を全体としてゼロにする

主な取り組み:太陽光発電の導入、空調設備の更新、生産設備の更新・省エネ化等など

CO2排出削減目標に対する進捗

「ブラザーグループ環境ビジョン2050」では、2030年度中期目標として、スコープ1・2において、「2015年度比65%削減」およびスコープ3のカテゴリー1・11・12において、「2015年度比30%削減」を掲げています。2020年度は、スコープ1・2で2015年度比-41.6%、スコープ3のカテゴリー1・11・12で-15.8%削減しました。

2030年度中期目標*

「スコープ1・2」の2016年度から2020年度の実績(グラフ)

「スコープ3」のカテゴリ1・11・12の2016年度から2020年度の実績(グラフ)

対象範囲

  • スコープ3のC1・C11・C12は、2021年に算定方法を変更したため、2015年度(基準年)にさかのぼって検証を受けました。

スコープ1・2・3の温室効果ガス(GHG)排出量

2020年度、2018年度より取り組んできた、温室効果ガス含有溶剤の使用を削減することで、スコープ1・2の2030年度中期目標を10年以上前倒しで達成しました。2021年度に上方修正した新たな目標を掲げ、2015年度比で65%削減にチャレンジをしていきます。同時に、温室効果ガスの排出削減目標達成を推進するために設立された国際的なイニシアチブ「Science Based Targets (SBT)」より認定された「2℃目標」についても、上方修正する予定です。スコープ3については、引き続き製品の省エネ性能向上等に取り組んでおり、スコープ3のカテゴリー1・11・12において2015年度比で-15.8%を削減しました。今後も、調達・開発・製造・物流・販売・サービスが一体となって温室効果ガスの排出量削減にチャレンジしていきます。

スコープ1、2、3

スコープ1・スコープ2・スコープ3

スコープは、温室効果ガスのサプライチェーン排出量における構成要素。三つに分類する事で、重複する算定を最小化し、対象ガスの特定を可能にしている。

  • スコープ1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出
  • スコープ2:他者から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出
  • スコープ3:スコープ1・スコープ2以外の間接排出(事業者の活動に関連する他者の排出)

2016~2020年度のISO 14064に基づいたスコープ1・2・3の温室効果ガス(GHG)排出量

カテゴリー CO2排出量t-CO2換算値
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
スコープ1:直接排出 72,819 67,068 21,622 17,363 18,356
スコープ2:
エネルギー起源の間接排出
ロケーション基準 123,093 122,220 120,199 107,833 98,508
マーケット基準 122,244 118,524 122,599 107,285 98,685
スコープ3:その他の間接排出 3,001,247 3,522,096 3,293,722 2,809,046 2,752,567
C1 購入した製品・サービス 1,396,926 1,613,936 1,559,654 1,351,272 1,302,661
C2 資本財 59,849 68,872 57,780 56,658 75,897
C3 燃料およびエネルギー関連活動 10,305 11,334 12,247 10,955 10,987
C4 輸送、配送(上流) 86,629 70,416 83,395 80,691 103,148
C5 事業から出る廃棄物 3,357 3,452 2,960 3,680 4,138
C6 出張 4,895 4,528 4,414 3,663 1,558
C7 雇用者の通勤 14,326 15,689 15,557 14,247 14,698
C8 リース資産(上流) 4,312 7,211 6,288 5,176 4,642
C9 輸送、配送(下流) 18,238 16,017 16,534 15,312 14,671
C10 販売した製品の加工 - - - - -
C11 販売した製品の使用 1,153,210 1,426,816 1,240,830 998,441 968,174
C12 販売した製品の廃棄 247,470 282,000 292,281 267,207 250,107
C13 リース資産(下流) 1,729 1,729 1,742 1,742 1,886
C14 フランチャイズ - 97 39 - -
C15 投資 - - - - -
スコープ1・2・3の合計 ロケーション基準 3,197,159 3,711,384 3,435,543 2,934,242 2,869,431
マーケット基準 3,196,310 3,707,688 3,437,943 2,933,694 2,869,608

ロケーション基準に関する排出係数の出典は下記です。

  • IEA - EMISSION FACTORS 2019
  • GHG Protocol - Calculation tools
  • DEFRA

対象範囲

  • スコープ3のC1・C11・C12は、2021年に算定方法を変更したため、2015年度(基準年)にさかのぼって検証を受けました。

外部保証

CO2排出削減の取り組み

経済発展と環境保全が両立する社会の実現に対する関心が国際的に高まる中で、ブラザーグループは、事業成長と環境調和の好循環を共創・推進することによって、持続的発展が可能な社会への貢献を目指しています。
特にブラザーインダストリーズ(U.K.)Ltd.(以下、BIUK)およびブラザーインダストリーズ(スロバキア)s.r.o.(以下、BISK)においては、再生可能エネルギーに基づく電力の購入を開始しており、カーボンニュートラル実現のための活動計画を進めています。
BIUKは「カーボンニュートラル」の認証を取得すべく取り組んでいます。
BISKは、CO2排出量と光熱費の削減を両立させながら環境パフォーマンスの向上を図るために、自然エネルギーを積極的に生かし、地下水の温度を利用した空調システムと太陽光発電システムを組み合わせたエネルギーシステムを、2020年12月から稼働しています。地下水温を使用した空調システムでは、BISK敷地内にもともとあった井戸を活用しました。
BISKでのエネルギーシステムは、EUグリーンエネルギーイニシアチブからの補助金対象事業に認定されました。
スロバキアは冬場と夏場の気温差が大きく、これまで暖房・冷房時に多くのガスエネルギーが消費されていましたが、本システムの導入により、空調の動力源をガスエネルギーから自然エネルギーへ切り替え、ガス消費時に発生するCO2排出量を大幅に削減でき、環境負荷低減に大きな貢献ができています。
本システムにて使用される地下水汲み上げポンプは、太陽光発電によって生み出されたエネルギーで稼働しており、年間を通じてCO2排出量の削減に貢献しています。太陽光発電での余剰エネルギーは、工場で使用されています。
空調システムの飛躍的改善は、従業員に対して、より快適な職場空間を提供できるようになり、BISKが進めている地域で最も働きがいのある企業を目指すSDGsの取り組みにもつながっています。
外部に依存していたこれまでのエネルギー調達方法と利用方法を抜本的に見直し、安定的なエネルギーを工場内で生成し利用できるようになりました。これにより、国際的な政治経済の動向による地政学的リスクに対して、エネルギーシステムの強靭化をはかることができました。

屋上を利用した太陽光発電システム

屋上を利用した太陽光発電システム 屋上を利用した太陽光発電システム(俯瞰)

地熱エネルギーを暖房/冷房に変換する熱交換ユニット

地熱エネルギーを暖房/冷房に変換する熱交換ユニット 地熱エネルギーを暖房/冷房に変換する熱交換ユニット(全体)

工場およびオフィスの暖房冷却ユニット

工場の暖房冷却ユニット オフィスの暖房冷却ユニット

CO2排出削減ストーリー

お客様と地球環境を考えた、ブラザー製品の省エネ性能。

HL-L5000Dは、お客様の一週間あたりの消費電力量が1.764(kWh/Week)。これは、前機種と比べ16%、前々機種と比べ26%の削減です。
ブラザーは、環境に配慮したよりよい製品をお届けする企業として、弛まない努力を続けています。

※TEC試験方法に準拠して算出しています。

HL-L5000Dと前機種との省エネ性能比較(グラフ)

電気エネルギーから、環境を考える。水素活用が広がる未来へ。

ブラザーは「燃料電池システム」の開発に向け、水素の可能性を追求しながら、燃料電池の研究を長年重ねてきました。
水素活用がさらに世の中に広がっていくためには、課題も多くあります。しかし、この技術開発はブラザーにとって、未来への確かな一歩となりました。

燃料電池システムの動画コンテンツ

CDP気候変動2021質問回答

このページをシェアする