サステナビリティ

社会(S)

社会貢献活動

サステナビリティ

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 11 住み続けられるまちづくりを

社会貢献活動の基本的な考え方

ブラザーグループは、「ブラザーグループ グローバル憲章」に示されている「所属する国や地域に対する貢献を常に意識し、地域社会に対する社会的・経済的・文化的責任を可能な限り分担することにより、よき企業市民となるよう努力する」「持続的発展が可能な社会の構築に向け、企業活動のあらゆる面で地球環境への配慮に前向きで継続的な取り組みを行っていく」という考え方に基づき、以下の範囲において、グループで一体感を持った社会貢献活動を推進しています。

  1. 次の条件を満たし事業の成長につながる活動
    • ブラザーが保有する資源が生きる
    • ステークホルダーからの要請や期待へただ対応するだけでなく、それらを機会として捉え、積極的に関わっていく
    • 従業員が共感し、誇りにつながる
  2. 地球環境への配慮に関連した活動
  3. 地域および人づくりを意識した活動
  4. 社会影響の大きい案件に対する支援活動

社会貢献活動の注力分野

事業の成長につながる活動

ブラザーグループでは、これまで健康・福祉、教育支援、環境保全に関する社会貢献活動を継続的に実施してきました。活動はグループ全体での取り組みから、地域に即した各拠点における自律的な取り組みまで多岐にわたり、ブラザーの持つ資源(製品・サービス・技術・人材など)を生かして行われています。こうした活動は、事業の成長も促し、持続的発展が可能な社会への未来永劫にわたる貢献につながるものと考えています。

社会貢献活動における「事業の成長」につながる要素の例

  • ブランドイメージ向上
  • 従業員の学びと成長
  • 地域での事業の円滑な実施
  • 優秀な人材確保
  • 社会ニーズの把握と将来の顧客理解

など

各国・地域の社会貢献活動事例と事業戦略との関係性
社会貢献活動の注力分野 具体的な活動内容 事業戦略との関係性 活動拠点
地球環境への配慮に関連した活動
  • 環境配慮製品の創出や事業所の環境負荷削減
  • 従業員が参加する「 エコポイント活動 [PDF/433KB]」と連動した生物多様性保全活動に取り組む環境保護団体の支援
  • 従業員参加の環境保全活動
  • 環境配慮製品を通じた事業の拡大
  • 地域での事業の円滑な実施
  • 従業員の環境意識の向上
ブラザー工業株式会社
各国・地域の製造・販売拠点
地域および人づくりを意識した活動

地域の課題解決に取り組む若手起業家を支援する「東海若手起業塾」への協賛ならびに従業員のプロボノ参加

従業員の学びと成長 ブラザー工業株式会社
子どもの教育、保健医療の拡充を目指す活動への支援
  • 従業員の学びと成長
  • ブランドイメージの向上
  • ブラザー工業株式会社
  • ブラザーインターナショナル(ベトナム)
  • ブラザーインターナショナルコーポレーション(カナダ)
  • ブラザーインターナショナル(ガルフ)

など

がん患者を支援しがん征圧を目指すチャリティー活動への従業員参加
  • 従業員の学びと成長
  • ブランドイメージの向上
  • ブラザー工業株式会社
  • ブラザーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)
  • ブラザーインターナショナル(ニュージーランド)Ltd.

など

社会影響の大きい案件に対する支援活動 東日本大震災復興支援と従業員寄付制度「絆ファンド」
  • 従業員の学びと成長
  • ブランドイメージの向上
ブラザー工業株式会社
国内グループ会社
新型コロナウイルスの感染拡大への対応
  • 地域での事業の円滑な実施
  • 従業員の学びと成長
  • 社会ニーズの把握と将来の顧客理解
ブラザー工業株式会社
各国・地域の製造・販売拠点

地球環境への配慮に関連した活動

ブラザーグループの環境スローガンである「Brother Earth」のもと、環境配慮製品の創出や事業所の環境負荷削減、従業員が参加する「 エコポイント活動 [PDF/433KB]」と連動した生物多様性保全活動に取り組む環境保護団体の支援、従業員参加の環境保全活動など企業活動のあらゆる面で継続的な取り組みを行っています。

活動事例については「ブラザー SDGs STORY-Better your earth」をご覧ください。

地域および人づくりを意識した活動

ブラザーグループでは、各拠点が所在する地域を常に意識しながら社会貢献を継続的に実施しています。また、各地域における人づくりに関する活動にも積極的に支援を行っています。

例えば日本では、2008年から地域の課題解決に取り組む若手起業家を支援する「東海若手起業塾」に協賛しています。起業家支援の現場には毎年3~4名程度の従業員がプロボノとして参加しており、当社の保有する資源が生きる活動の一つとして、従業員に対して参加を促しています。
また、子どもの教育や保健医療の拡充を目指す活動が、さまざまな拠点で実施されています。
さらに、世界各地で開催されているがん患者を支援するチャリティー活動に、さまざまな拠点の従業員が参加するなど、従業員のボランティア意識を醸成するための機会を拡充しています。

ゴールデンリングプロジェクト

ブラザーグループではグローバルで一体感を持った従業員参加の社会貢献活動を目指し、がん患者を支援するチャリティーイベントへの参加を推進しています。支援活動を各拠点へとつなげ、世界地図に支援の輪を描いていくことから、2011年にこの活動を「ゴールデンリングプロジェクト」と命名し、2019年度は、世界23拠点で従業員とその家族がプロジェクトに参加しました(2020年度は新型コロナウイルスの影響でイベント中止)。
「ゴールデンリングプロジェクト」に取り組む拠点のうち多くは、チャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ(以下、RFL)」に参加しています。このイベントは、参加者が寄付を行うとともに24時間歩き続けることで、がん患者を励まし勇気づけ、がんへの意識や備えを学ぶイベントです。募った寄付金は、がんの新治療や新薬開発、若手医師の奨学金などの活動に活用されています。
ブラザーグループにおいて、米国では1999年から、ニュージーランドでは2006年から現地法人の従業員有志チームが継続的にRFLに参加し、現在はその他の多くの拠点でも参加の輪が広がっています。日本でも、ブラザー工業を中心としたブラザーグループ従業員およびその関係者で構成されるボランティアチーム「ブラザーチームジャパン」が2010年から毎年参加し、RFL会場では、がん経験者の話を聞く「サバイバートーク」を自主開催するなど、がんに関する啓発をしてきました。そうした長年にわたるブラザーグループの対がん活動が評価され「2020年度 日本対がん協会賞(団体)*」を受賞しました。

  • 対がん運動に顕著な功績のあった個人および団体に贈られる賞。公益財団法人日本対がん協会によって1968年に創設され、がん征圧運動の一層の効用を図ることを目的にしている。
ゴールデンリングプロジェクト紹介映像

ゴールデンリングプロジェクト紹介映像

  • 画像をクリックすると映像をご覧いただけます。(日本語字幕付き 約6分)
  • 動画はYouTubeを利用しています。
2019年 ゴールデンリングプロジェクト参加拠点

Golden Ring Project

  • ニュージーランド

    ニュージーランド

  • 中国

    中国

  • アメリカ(ニュージャージー)

    アメリカ(ニュージャージー)

  • アメリカ(テネシー)

    アメリカ(テネシー)

  • ドイツ

    ドイツ

  • スロバキア

    スロバキア

  • イギリス(マンチェスター/欧州統括会社)

    イギリス(マンチェスター/欧州統括会社)

  • イギリス(マンチェスター/販売会社)

    イギリス(マンチェスター/販売会社)

  • シンガポール

    シンガポール

  • マレーシア

    マレーシア

  • イギリス(レクサム)

    イギリス(レクサム)

  • 日本

    日本

  • フランス

    フランス

  • インドネシア

    インドネシア

  • 南アフリカ

    南アフリカ

  • 韓国

    韓国

  • ブラジル

    ブラジル

  • オーストラリア

    オーストラリア

  • ベトナム

    ベトナム

  • 台湾

    台湾

  • インド

    インド

  • タイ

    タイ

  • フィリピン

    フィリピン

社会影響の大きい案件に対する支援活動

世界各地で発生する大規模災害に対して、ブラザーグループは会社と従業員が一体となった支援に取り組んでいます。
主な支援は以下の2つです。

  1. ブラザー工業およびグループ会社からの義援金による支援
  2. 従業員からの寄付やボランティア活動による支援

会社からの義援金は、緊急支援として主に赤十字社やNPOなどに拠出され、従業員からの寄付やボランティア活動は、被災地のニーズに合わせて役立てられます。

また、新型コロナウイルスのようなパンデミックに対しても、グループ各拠点において、自社製品の寄贈や従業員による寄付およびボランティア活動で感染拡大防止に向けて支援しています。
そのほか、ブラザー工業では、社会課題の解決に取り組むNPO法人への継続的な寄付を行っています。

大規模災害への対応

従業員の参加を促す寄付制度を設け、支援先を拡大

ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)は、従業員が給料天引きや銀行振込で簡単に寄付が行える「絆ファンド」という制度を設け、従業員からの寄付金を毎年、被災地に届けています。
2020年度も、東日本大震災直後から支援を続けている宮城県七ヶ浜町、津波による被害が大きかった宮城県女川町の女川向学館(認定NPO法人カタリバ運営)と、福島県のNPO法人しんせい、岩手県の三陸鉄道に寄付を行いました。
七ヶ浜町は防潮堤アートと周辺整備、女川向学館は被災した子どもたちの学習指導と心のケア支援、NPO法人しんせいは主に東日本大震災において大きな被害を被った障がいのある方々の自立支援、三陸鉄道では「三陸を笑顔でつなごう」キャンペーンに寄付が活用されました。
東日本大震災直後から継続して支援している宮城県七ヶ浜町長からは、「まるで親戚のように、遠くにいても自分たちのことを思ってくれている、その気持ちが嬉しい」とのコメントをいただきました。

しんせいで活用されている刺しゅうミシン しんせいで活用されている刺しゅうミシン 三陸鉄道「三陸を笑顔でつなごう」キャンペーン 三陸鉄道「三陸を笑顔でつなごう」キャンペーン

東日本大震災を風化させないために

震災を風化させないため、そして災害を自分のこととして考えるために、2018年に「震災復興支援写真展」を、2019年と2020年に「東北トークリレー(講演会)」を、従業員を対象に開催しました。
2020年は新型コロナウイルス影響により、東北からお招きして実施する「東北トークリレー」は、オンライン開催となりました。就業後のリモート環境ながらも多くの従業員や経営陣が参加し、社会の一員として何ができるのか、災害に対してどう備えるのかなど、改めて考える機会となりました。
参加した従業員からは「失くしたものを悲しむのではなく、自ら行動する姿勢に心打たれた」「被災者のお話を直接聞くことができて、被災地域や被災者の皆さんとの距離感がぐっと縮まった」などの感想がありました。

オンラインを活用した東北トークリレー オンラインを活用した東北トークリレー

ブラザーはこれからも、被災地の皆さまに寄り添うコミュニケーションを大切にしていきます。

新型コロナウイルスへの対応

2020年初めから始まった新型コロナウイルスの感染拡大に対し、感染者への対応や感染防止への対策が求められる中、ブラザーグループでは、自社の強みを生かしながら各拠点でさまざまな支援を行いました。

個人防護具生産用ミシンの寄贈

新型コロナウイルス感染拡大により需要が急増したマスクなどの個人防護具の生産を支援するため、世界のブラザーグループの各拠点で企業や病院に自社製のミシンの寄贈が行われました。

2020年4月 ブラザーインターナショナルコーポレーション(ブラジル)による病院へのミシン寄贈 2020年4月 ブラザーインターナショナルコーポレーション(ブラジル)による病院へのミシン寄贈

ブラザーインターナショナルコーポレーション(アメリカ)による工業用ミシン寄贈についてはこちらをご覧ください。

自社製造不織布マスクの寄贈

ブラザー工業では2020年5月から、ブラザーグループの事業活動継続のために活用することを主な目的として、当時不足していた不織布マスクの自社製造を瑞穂工場で開始しました。その一部を地元の自治体や、東日本大震災の復興支援を続けている宮城県七ヶ浜町に寄贈しました。

2021年3月 宮城県七ヶ浜町へのオンラインによるマスク寄贈式典 2021年3月 宮城県七ヶ浜町へのオンラインによるマスク寄贈式典

ブラザー工業でのマスク製造開始時のニュースリリースはこちらをご覧ください。

社会貢献活動事例

上記以外にも、ブラザーグループではさまざまな社会貢献活動が行われています。

社会貢献活動事例については、こちらをご覧ください。

コミュニティ投資関連データ

2018年度 2019年度 2020年度
東海若手起業塾(ブラザー工業) 2008年協賛開始
ゴールデンリングプロジェクトへの従業員参加 20拠点 23拠点 中止
NPO法人への寄付額(ブラザー工業) 8,229,163円 10,699,112円 3,472,020円
絆ファンド 従業員参加人数 278人 152人 97人
寄付額 2,506,607円 5,050,216円 1,524,950円
プロボノ参加人数 (ブラザー工業) 目標 3人 3人 3人
実績 3人 3人 3人

このページをシェアする