サステナビリティ

CSR経営

CSR経営の基本的な考え方

サステナビリティ

基本的な考え方

ブラザーは、"At your side."の精神で優れた価値を創造し、提供し続けることを目指しています。そのためのビジネスの基盤となるのが「ブラザーグループ グローバル憲章(以下、グローバル憲章)」に示された、事業の成長と社会的責任の遂行による、お客様を第一としたステークホルダーの皆さまとの長期的な信頼関係の構築です。グローバル憲章におけるこの価値観の浸透をグループの全従業員に図っていくことで、CSR経営をこれからも推進していきます。

ブラザーグループ グローバル憲章

ブラザーが、事業を通じた社会価値をグローバルに創出するとともに、環境・社会・ガバナンス(ESG)を重視した経営を推進していくために、すべての活動の礎であるグローバル憲章の共有を図っています。

ブラザーグループ グローバル憲章

SDGs達成への貢献

事業を通じた社会価値をグローバルに創出するとともに、ESGを重視した経営を推進

ブラザーは、国連総会において採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」に掲げられている17のゴールの達成に貢献するために下記の4つの項目に優先的に取り組み、事業を通じた社会価値をグローバルに創出するとともに、ESGを重視した経営を推進します。

1. お客様が幸せを感じるイノベーションを、従業員が創造力を発揮し生み出す

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう

グローバル憲章にある「未来永劫の繁栄」を実現するためには、ブラザーの事業が持続可能な社会の実現に役立つ必要があると考えます。そのためにブラザーは、さまざまなイノベーションを生み出し、社会課題を解決していきます。例えば、既存の製品やサービスが社会課題解決にどのように役立つのか。加えてブラザーの技術を生かした、社会課題を解決することができる新たな事業をどのように創出するか。現在、ブラザーではSDGsに取り組むNPO団体と協働するなど、その方向性の検討を進めています。2020年度は、社会課題解決をテーマに企業とさまざまな活動をしている一般社団法人SCIフォーラムのサポートを得ながら、グループ会社で自社製品の排熱レス&フロンレス スポットクーラーの社会的価値を見直し、新たな顧客価値を創造、市場を開拓しました。また、同じくグループ会社である国内販売会社が実施する、新規事業を創出するための中堅・若手社員のチャレンジプログラムにおいて、SDGs達成に向けた事業による社会課題解決の重要性を学ぶ研修を実施しました。その研修の中で、参加者は学んだことを基に、持続可能な社会の実現に向けた新たな事業創出についての検討・立案も行いました。

2. 地球環境保全に継続的に取り組む

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう

ブラザーグループは2018年4月、グローバル憲章の環境基本理念に基づき2050年度における長期ビジョン「ブラザーグループ 環境ビジョン2050」を策定しました。この環境ビジョンは、深刻化する環境問題(気候変動、資源の枯渇、廃棄物による環境汚染、生態系の破壊)を社会的な重要課題と認識し、グループの事業上のリスクとして捉え、長期的かつ継続的にその解決に取り組むことを明確にしたものです。「CO2排出量削減」「資源循環」「生物多様性保全」の3つの項目に関して2050年度における長期ビジョンとともに2030年度における中期目標を定め、さまざまな活動を実施しています。
また、2020年2月には、ブラザーグループとして「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言に賛同を表明しました。こうした外部の取り組みへの参画を契機として、気候変動が事業に及ぼすリスクと機会を分析して経営戦略に反映するとともに、関連する情報を開示しています。

3. 社会貢献活動を継続的に推進する

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 11 住み続けられるまちづくりを

ブラザーグループはこれまでも各拠点が所在する地域に対する社会貢献を継続的に実施してきました。特に健康・福祉、教育支援、環境保全は毎年多くの活動が実施されています。今後もこういった各拠点の自律的な活動を促すとともに、ブラザーの持つ資源(製品・サービス・技術・人材など)を生かした社会貢献活動をさらに強化していきます。

4. 社会要請に迅速に応えるため、ビジネスパートナーとの協働体制を強化する

  • 8 働きがいも経済成長も
  • 12 つくる責任つかう責任

各生産拠点および部品・材料を調達する取引先における社会的責任への対応は重要な課題です。ブラザーグループでは、環境への配慮に加え、人権・労働、安全衛生、公正取引・倫理、品質・安全性、情報セキュリティー、社会貢献などの分野において課題解決に取り組むとともに、部品・材料を調達する取引先に対して「調達方針」「CSR調達基準」を開示し、順守を促しています。またこれらの活動のレベルアップのためにブラザーは、2019年1月、CSRの国際的推進団体であるResponsible Business Alliance(以下、RBA)に加盟しました。RBAの示すフレームワークに沿った体系的な活動を進めることで、市場からの社会的な要請に応えていきます。
また上記4項目を実現するためには従業員の幸せ、健康、働きがいが欠かせません。ブラザーはグローバル憲章に基づき、従業員に対する多様性の重視、さまざまな能力を発揮できる職場環境とチャレンジングな仕事への機会の提供を実現し、グローバル人材の育成に力を入れるとともに、「ブラザーグループ健康経営理念」を制定し、従業員の健康の保持・増進にも戦略的に取り組んでいます。
このような活動を通じてブラザーはCSR経営を進化させ、ステークホルダーとの信頼関係をさらに強化し、未来永劫に繁栄し続けることを目指します。
また、事業を通じた社会価値の創出を通じて、ブラザーグループ独自のマネジメントシステム「ブラザー・バリュー・チェーン・マネジメント」(BVCM)をより強化し、中長期ビジョン「グローバルビジョン21」をさらに高い水準で実現させていきます。

事業における社会課題解決

CO2排出削減と資源循環に貢献(P&S事業)

  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を

持続可能な地球環境を実現するため、CO2の排出を抑え、資源を有効に活用していくことがあらゆる製品に求められている中、P&S事業では、省エネ・省資源など環境に配慮したプリンター・複合機を提供しています。
環境配慮製品の国際的な基準である、国際エネルギースタープログラム*1やブルーエンジェル*2などの第三者認証を得るには、業界トップレベルの省エネ性能が必要です。そこでP&S事業では、レーザープリンター・複合機に新しいトナーの定着方式を採用するなど、さまざまな技術を組み合わせて徹底的な低消費電力設計を行い、製品使用時のCO2排出を削減しています。
またトナーカートリッジのリサイクルも推進しています。世界各国でカートリッジの回収を進め、イギリスやスロバキアの工場で、カートリッジを再利用してトナーを再充填することで、資源の有効活用とともにリサイクル工程でのCO2排出削減につなげています。

  1. 1995 年10 月から実施されているオフィス機器の国際的省エネルギー制度
  2. ドイツの連邦環境庁と品質保証・ラベル協会が運営している第3者認証の環境ラベル

専用サイトで起業や副業支援(P&H事業)

  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 8 働きがいも経済成長も

米国では、コロナウイルスの影響で収入が減ってしまい、副業を始める方が増えています。
米国の販売拠点では、「Side Hussle Campaign(副業キャンペーン)」として、ブラザー製品を活用した起業や副業をサポートする専用Webサイトを開設しました。同サイトでは、ブラザーの実用ミシンや刺しゅうミシン、カッティングマシンを使って趣味として創作活動をしていた人が、ビジネスに結び付けていった実例を紹介することで、DIYやクラフトを、趣味からサイドビジネスに発展できるよう支援しています。また、販売用の作品などをSNSでも発信。その他、使い方の指南や修理などができる近隣の販売店を紹介することで、副業を推進する支援もしています。これらの活動は、高級刺しゅうミシンや職業用刺しゅうミシンの売上拡大や、若年層の顧客開拓につながっています。

CO2排出削減と業務効率化に貢献(マシナリー事業)

  • 8 働きがいも経済成長も
  • 13 気候変動に具体的な対策を

工場では、CO2排出削減など環境への負荷軽減と、高い生産性の両立が求められます。マシナリー事業のコンパクトマシニングセンタ 「SPEEDIO(スピーディオ)」シリーズは、電源回生により減速時に運動エネルギーを電気エネルギーに変換し再利用するなど、さまざまな省エネ技術により、一般的なマシニングセンタと比べて圧倒的に消費電力が少なく、大幅なCO2排出削減に貢献しています。
また、旋削*1とマシニング*2という2種類の加工を1台で行える小型複合加工機は、2つの工程の間における加工部品の付け替え作業が不要になり、作業の効率化に貢献します。さらに「スピーディオ」専用オプション装置であるローディングシステムは、加工部品を自動で搬送・供給することで、作業者の単純作業を減らし、より高度な作業に取り組んでもらうことが可能です。

  1. 削りたい加工部品を回転させ、工具を当てて削る加工方法
  2. 穴あけなど刃物が回転し、固定した部品を削る加工方法

高齢者介護施設職員の業務負担軽減(N&C事業)

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 8 働きがいも経済成長も

年齢を重ねても健やかな生活を送るために注目されている音楽や運動。連結子会社の株式会社エクシングは、音楽にあわせて身体を動かすことなどにより、健康づくりを目指すことができる音楽療養コンテンツ「健康王国」を提供、介護福祉施設などで活用されています。
「健康王国」は、体を動かす、観る・癒す、遊ぶ、歌うという豊富なコンテンツを自由に組み合わせて、独自のレクリエーションプログラムを簡単に作成できるため、介護職員はレクリエーションの企画に費やす時間を削減でき、施設利用者と向きあう時間をより多く確保できます。また、施設利用者は様々なコンテンツを楽しめるため、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上にもつながります。さらに、個別機能訓練のコンテンツも充実しており、介護状態の改善にも貢献しています。
「健康王国」は、施設利用者に、楽しみながら介護予防に取り組む機会を提供するとともに、介護職員がサポートに専念できるよう、業務負荷の軽減に貢献しています。

トレーサビリティ・食の安全性への貢献(ドミノ事業)

  • 12 つくる責任つかう責任

食の安全性を示すために、食品のトレーサビリティ*はとても重要です。ドミノ事業のコーディング・マーキング機器は、トレーサビリティに必要な、賞味期限や消費期限、ロット番号、製造所固有番号などを、缶、ビン、プラスチックといった容器などに高速で印字します。
例えば、レトルトパウチ食品では、高温殺菌やアルコール消毒をしても印字された情報が消えないよう、加熱、水、アルコールなどに耐性のあるインクが必要です。このように、ドミノはお客様の要望に合った多様なインクをご提供することにより、トレーサビリティの確保を実現しています。

  • 栽培や飼育から加工・製造・流通などの過程を明確にし、記録を保存すること。

このページをシェアする