サステナビリティ

社会(S)

働きやすい職場環境

サステナビリティ

  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう

雇用・処遇に関する基本方針

多様な人材が能力を発揮できる制度・環境を整備

ブラザーグループは、40以上の国と地域に生産拠点や販売・サービス拠点を設け、世界中のお客様に製品やサービスをお届けしており、人種・言語・文化・習慣など、事業を取り巻く環境がさまざまに異なる中で、全従業員がグローバルチームブラザーの一員として、日々活躍しています。
その基盤となるのが「ブラザーグループ グローバル憲章」(以下、グローバル憲章)の「基本方針」に掲げた「従業員の多様性を重視し、さまざまな能力を発揮できる職場環境とチャレンジングな仕事への機会を提供する。そして、努力と成果に対しては、公正な評価と正当な報酬で応える」という考え方です。グローバル憲章の行動規範では「常に一人ひとりの人格、多様性を尊重し、信義と尊敬を持って行動する」ことを定めています。ブラザーグループ各社は、これらの考え方に基づいて、採用・評価・昇進などにおいて、民族・国籍・宗教・思想・性差・学歴・年齢・障がいの有無など、あらゆる差別を排除することを目指し、児童労働や強制労働を禁止しています。また、雇用においては、現地の最低賃金以上の給与を保障しています。さらに、労働条件、労働環境、賃金水準等の労使間協議を実現する手段として、従業員による団体の結成や従業員がその団体に加入する権利(団結権)を尊重します。併せて、団体交渉権を支持し、従業員との誠実な協議・対話を図ります。ブラザー工業の「ブラザー工業労働組合」とは労使間で労働協約が締結されていることに加え、労使懇談会や労働環境改善委員会など定期的に情報交換を行うことで、良好な労使関係を築いています。
今後も経営層と従業員が一体となって、関連法規、規則の順守はもちろん、各自の文化や慣習を尊重し、グローバル憲章に基づいた人事制度の進化、職場環境の継続的な改善に取り組んでいきます。

公正な評価と処遇を目指した目標管理制度

ブラザーグループは、意欲・能力・成果を公平・公正に評価して処遇に反映するための体制を構築しています。例えばブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)では、一般従業員については、明確な評価基準に基づく目標管理制度のもと、納得性の高い評価を実施しています。評価の結果は被評価者に公開し、その後の面談においてその評価理由を伝えています。こうすることで、従業員が自らの仕事を振り返り、新たな目標に向かって成長していくためのモチベーションも高まるため、人材育成にもつながっています。管理職に関しては、年俸制を採用しています。

仕事と生活の両立支援

制度の拡充と取得しやすい雰囲気づくり

ブラザー工業は、従業員が安心して生き生きと働き続けられるために、フレックスタイム勤務や、育児や介護のための休職、短時間勤務、看護休暇などワークライフバランスを支える各種制度を整備しています。2011年度からは、いずれ訪れる大介護時代に備えた仕事と介護の両立を考えるセミナーを実施しました。特に管理職には参加を義務づけ、部下の介護リスクに備えるための情報提供を行っています。2015年度には、育児や介護などを行う従業員を対象とした在宅勤務制度を導入し、柔軟な働き方の選択肢を増やしました。
同時に、従業員の意見を取り入れ、制度が使いやすくなる工夫や理解を進める雰囲気づくりにも注力しています。
2016年度には、がんに関する正しい知識を持ち、元気に長く働き続けるための「女性のためのがんセミナー」を開催したほか、社内の先輩従業員を囲んだテーマ別座談会「キャリアコミュニティ」を開始しました。いずれも、従業員が参加しやすい勤務時間内に開催しています。

女性のためのがんセミナー 女性のためのがんセミナー

両立支援の為の各制度の利用者データ(ブラザー工業)*1

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
育児休職*2 60人 (17) 61人 (19) 73人 (35) 74人 (41) 99人 (63)
介護休職*2 5人 (3) 3人 (1) 5人 (1) 3人 (2) 2人 (1)
育児のための短時間勤務 153人 (5) 166人 (6) 177人 (9) 176人 (7) 184人 (10)
介護のための短時間勤務 2人 (1) 2人 (1) 3人 (0) 6人 (1) 5人 (2)
看護休暇 31人 (8) 31人 (9) 33人 (7) 28人 (7) 13人 (3)
在宅勤務制度 41人 (8) 57人 (6) 78人 (7) 1,375人 (969) 2,171人 (1,805)
  1. ( )内の数字は男性の利用者数
  2. 各年度での取得開始者数

ブラザー工業株式会社 人事部 矢島 修平

育児休職制度利用者の声
~男性の育児休職取得への理解と期待を実感~

ブラザー工業株式会社 人事部
矢島 修平

第3子が生まれた際に、3か月間の育児休職を取得しました。私自身、当初は育児休職を取ることに対して不安や遠慮の気持ちがありました。しかし、上司や同僚の反応は予想以上に前向きで、不在中の業務調整にも積極的に支援をしてくれました。そして、復職した際には、休職前と変わらず温かく迎えてもらえたことをとても感謝しています。また、休職中は子どもたちと普段以上に長い時間を過ごすことができ、今後の子育て・仕事の両立を考える上でとても有意義な経験となりました。
この経験を活かし、今後育児休職を取りたいというメンバーに対しては、安心して取得できるようサポートをしたいと思います。

長時間労働の削減

ブラザー工業は、長時間労働を削減するという方針のもと、制度の構築とともに業務の効率化を図っています。

制度改定による推進

朝型フレックスタイム制度

フレックスタイム制度導入時から、10時30分から15時に設定していたコアタイムについて、2016年7月に、9時30分から14時に変更し、勤務時間を1時間早めることで朝型にシフトしました。

残業の事前申請制度

2016年7月に、20時以降の残業は申請制、22時以降の残業は原則禁止としました。長時間労働を減らす取り組みをしています。

間接部門における36協定上限時間の順次引き下げ

労働組合との合意に基づき、2020年度までに法定外労働時間を順次引き下げました。

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
月間 80時間 75時間 70時間 65時間
年間 550時間 520時間 480時間 450時間

業務の効率化

ブラザー工業では、2018年に業務効率化プロジェクトを立ち上げ、業務プロセスの見直しとデジタルツールの活用など、業務効率化を進めています。

業務プロセスの見直しとデジタルツールの活用

社内会議運営や会議資料の作成、メール対応の課題と解決するための具体策や各部門での取り組み事例をイントラネットで従業員に共有しています。また、RPA*やAI(人工知能)などのIT活用によって、定型業務の自動化・効率化を全社的に推進しています。
そのうち、AIの社内研修については、大学院でAIを専攻した新入社員(2018年当時)をリーダーに抜擢。全従業員を対象にしたものから、新入社員、ソフト開発者、マネジメント層など、立場やニーズに合わせたカリキュラムを社内で独自に作成し、自ら講師として登壇し、運営しています。2020年度までに、AI社内研修のうち、講師による授業形式の講座は延べ285人、テキストを使用して学ぶオンライン講座は延べ4,446人の従業員が受講しています。社内でITを活用した業務の自動化・効率化を推進していることもあり、従業員一人一人のAI学習意欲が高まっており、任意参加の講座に毎回定員を超える従業員が受講を希望しています。

  • robotic process automationの略。人工知能を備えたソフトウエアのロボット技術により、定型業務を自動化・効率化すること。

このページをシェアする