ブラザーグループのCSR

ブラザーグループのCSR課題

ステークホルダーとの長期的な信頼関係の構築

ブラザーは、"At your side."の精神のもと、事業を通じた社会価値を創出するための経営を目指しています。
その基盤となるのが「ブラザーグループ グローバル憲章」に示された、事業の成長と社会的責任の遂行による、お客様を第一としたステークホルダーの皆さまとの長期的な信頼関係の構築です。グループの全従業員が、この価値観に基づき行動することで、ブラザーのCSR経営をこれからも進化させていきます。

それぞれのステークホルダーと長期的な信頼関係を構築するための取り組み

ステークホルダー ブラザーグループ グローバル憲章 取り組み
お客様
  • あらゆる場面でお客様第一を考え、モノ創りを通じて優れた価値を創造し、迅速に提供する
  • グローバルな市場から求められる多様な要請や期待にすばやく応える
  • 「お客様の声」を事業活動の起点とし、ニーズにあった製品・サービスを提供
  • 製品の品質基準と評価方法を構築しお客様が安心して使い続けることができる製品づくりを推進
  • お客様から返品または修理のために戻ってくる製品の割合を「お客様ご迷惑率」と呼び、不具合発生を限りなくゼロに近づけるため、品質向上活動を継続
  • 多様化するツールや市場、お客様の行動の変化にパートナーと適切に連携しながら柔軟に対応
従業員
  • 従業員の多様性を重視し、さまざまな能力を発揮できる職場環境とチャレンジングな仕事への機会を提供する
  • 努力と成果に対して、公正な評価と正当な報酬で応える
  • 多様な人材が能力を発揮できる制度・環境を整備
  • 障がいを持つ従業員から相談を受けるなどの役割を担う、「障害者職業生活相談員」を各工場の従業員から選任するなど、サポート体制を構築
  • 在宅勤務や介護休職などワークライフバランスを支える各種制度を整備
  • 公正な評価と処遇を目指した目標管理制度
  • マネジメント層を育成する研修や、トレーニー制度など人材育成制度を構築
  • 従業員が生き生きと働いているかなどを把握し改善するため、毎年従業員意識調査を実施
ビジネスパートナー
  • 常に公平・公正な取引を行い、相互信頼関係を築いて成長し合う
  • お取引先の皆さまにブラザーグループのCSR調達の考え方を共有するため、「調達方針」と「CSR調達基準」を公開
  • お取引先にCSRアンケートを実施し、その結果に基づいて改善要請や現場確認を実施
  • お取引先の優秀なCSR活動を表彰
株主
  • 株主からもたらされた資本を活かし、継続して企業価値を高めるとともに、積極的な情報公開を行う
  • 株主総会や決算説明会などで株主・投資家の皆さまへ最新の情報を提供
地域社会
  • 地域社会に対する社会的・経済的・文化的責任を可能な限り分担する
  • 「地球環境への配慮に関連した活動」「『地域』『人づくり(従業員を含む)』を意識した活動」を中心にグローバルに一体感を持った社会貢献活動を推進
  • 各地域の状況に合わせて各拠点が自律的に行う社会貢献活動
  • 大規模災害への支援
環境
  • 持続的な発展が可能な社会の構築に向け、企業活動のあらゆる場面で地球環境への配慮に前向きで継続的な取り組みを行う
  • 環境配慮製品の創出
  • 消耗品・製品の回収リサイクル
  • CO2排出量・廃棄物削減の推進
  • 化学物質や排水の適正管理
  • 環境コミュニケーションの実施
ガバナンス
  • 活動する国や地域における関連法規、規制を遵守し、文化を尊重する
  • 最高度の倫理観を持って行動する
  • 従業員に、社会の模範となる行動を求める
  • 「コーポレートガバナンス基本方針」に沿ったガバナンス体制の構築と強化
  • 内部統制の有効性を確認する拠点ごとの自己チェックと、内部監査部門の監査の実施
  • コンプライアンス委員会や相談窓口を設置、従業員教育を行い不祥事の未然防止や早期対応、再発防止を推進
  • 情報セキュリティーマネジメントシステム(ISMS)に準拠した「グループ情報管理規程」を定め情報管理体制を構築

社会課題の解決に向けた取り組みの推進

国連総会において2015年に採択された、2030年をゴールとする「持続可能な開発目標(SDGs)」は、持続可能な世界を実現するための17の目標を掲げており、企業に対しても行動が期待されています。
ブラザーグループは、数多くある社会課題の中から以下の項目に優先的に取り組みます。

  • お客様が幸せを感じるイノベーションを、従業員が創造力を発揮し生み出すこと
  • 地球環境保全に継続的に取り組むこと
  • 社会貢献活動を継続的に推進すること
  • 社会要請に迅速に応えるため、ビジネスパートナーとの協働体制を強化すること

ブラザーグループの優先項目に関連するSDGsの目標とその取り組み例

優先項目 お客様の幸せに貢献するイノベーションを、創造力を発揮し生み出す
目標3 あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
3 すべての人に健康と福祉を
取り組み例
  • 人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進できる製品、サービスの提供
目標8 すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(人間らしい雇用)を推進する
8 働きがいも経済成長も
取り組み例
  • お客様の生産性向上や単純作業軽減につながる製品・サービスの提供
  • 障がい者の雇用や医療・福祉分野に貢献できる製品・サービスの提供
目標9 レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を促進するとともに、イノベーションの拡大を図る
9 産業と技術革新の基盤をつくろう
取り組み例
  • 社会課題の解決につながる新規事業の創出
優先項目 地球環境保全に継続的に取り組む
目標7 すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
取り組み例
  • 電力や熱をCO2フリーで創出、貯蔵、活用するエコシステムを支える製品やサービスの提供
目標12 持続可能な消費と生産のパターンを確保する
12 つくる責任つかう責任
取り組み例
  • バリューチェーンにおける資源循環の推進
  • 事業所の水リスク評価および節水・循環利用の推進
目標13 気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
13 気候変動に具体的な対策を
取り組み例
  • 省エネ活動(創エネ含む)の実施、温室効果ガスを含む潤滑剤削減
  • 環境配慮設計の強化
目標15 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
15 陸の豊かさも守ろう
取り組み例
  • 事業活動による生物多様性への負荷特定
  • 生物多様性の配慮の仕組み構築
  • 生態系の修復・保全活動の推進
優先項目 社会貢献活動を継続的に推進する
目標3 あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
3 すべての人に健康と福祉を
取り組み例
  • ゴールデンリングプロジェクトを始めとするがん患者などの支援
目標4 すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
4 質の高い教育をみんなに
取り組み例
  • 地域への教育支援活動のさらなる推進
  • 障がい者への教育サポート
目標11 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする
11 住み続けられるまちづくりを
取り組み例
  • 各地域における災害復興支援
優先項目 社会要請に迅速に応えるため、ビジネスパートナーとの協働体制を強化すること
目標8 すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する
8 働きがいも経済成長も
取り組み例
  • RBA*のノウハウを生かしたサプライチェーンにおけるCSRの強化
  • CSRの国際的推進団体であるResponsible Business Allianceの略。
目標12 持続可能な消費と生産のパターンを確保する
12 つくる責任つかう責任
取り組み例
  • 各国・地域の法規制遵守などグループ全体での化学物質保障体制の強化

基本原則に基づく外部イニシアチブへの参画

ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)は、「ブラザーグループ社会的責任に関する基本原則」に掲げる持続可能な社会の実現に向け、外部イニシアチブに参画することで、ステークホルダーの皆さまから信頼されるCSR活動の取り組みを強化しています。

国連グローバル・コンパクト

「国連グローバル・コンパクト」(United Nations Global Compact、以下UNGC)は、1999年の世界経済フォーラム(ダボス会議)でコフィー・アナン国連事務総長(当時)が提唱し2000年に発足した、持続可能な成長を実現するための、企業・団体による自発的な取り組みです。

国連グローバル・コンパクト ロゴ

ブラザー工業は、UNGCに賛同し、2020年2月に署名しました。UNGCの定める「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野からなる10の原則の実践を通じて、ブラザーグループ全従業員一人一人が社会課題に目を向け、社会の持続的発展にさらに貢献する企業を目指した取り組みを進めています。

国連グローバル・コンパクトの10原則

人権 原則1:人権擁護の支持と尊重
原則2:人権侵害への非加担
労働 原則3:結社の自由と団体交渉権の承認
原則4:強制労働の排除
原則5:児童労働の実効的な廃止
原則6:雇用と職業の差別撤廃
環境 原則7:環境問題の予防的アプローチ
原則8:環境に対する責任のイニシアティブ
原則9:環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止 原則10:強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

Responsible Business Alliance

「Responsible Business Alliance」(以下、RBA)は、持続可能なサプライチェーンの構築を通じて、企業の社会的責任を推進する世界的な業界団体です。
ブラザー工業は、2019年1月にRBAに加盟しました。

RBAは、その行動規範(Code of Conduct)の中で、労働環境が安全であること、労働者が敬意と尊厳をもって処遇されること、環境負荷に対して責任を果たすこと、業務を倫理的に行うことに関する基準を規定するとともに、マネジメントシステムを通じて各基準への適合を追求することを求めています。
ブラザー工業は、RBAの加盟メンバーとして、すべてのステークホルダーから信頼される企業を目指し、グローバルな視野からグループ全体のモノ創りのプロセスをモニタリングし、持続可能なサプライチェーンのさらなる構築に向けた取り組みを進めていきます。

RBA行動規範  (バージョン7.0(2021年))

A.労働
  1. 雇用の自由選択
  2. 若年労働者
  3. 労働時間
  4. 賃金および福利厚生
  5. 人道的待遇
  6. 差別/ハラスメントの排除
  7. 結社の自由
B.安全衛生
  1. 職務上の安全
  2. 緊急時への備え
  3. 労働災害および疾病
  4. 産業衛生
  5. 身体に負荷のかかる作業
  6. 機械の安全対策
  7. 衛生設備、食事、および住居
  8. 安全衛生のコミュニケーション
C.環境
  1. 環境許可と報告
  2. 汚染防止と資源削減
  3. 有害物質
  4. 固形廃棄物
  5. 大気への排出
  6. 材料の制限
  7. 水の管理
  8. エネルギー消費および温室効果ガスの排出
D.倫理
  1. ビジネスインテグリティ
  2. 不適切な利益の排除
  3. 情報の開示
  4. 知的財産
  5. 公正なビジネス、広告、および競争
  6. 身元の保護と報復の排除
  7. 責任ある鉱物調達
  8. プライバシー
E.マネジメントシステム
  1. 企業のコミットメント
  2. 経営者の説明責任と責任
  3. 法的要件および顧客要求事項
  4. リスク評価とリスク管理
  5. 改善目標
  6. トレーニング
  7. コミュニケーション
  8. 労働者のフィードバック、参加、苦情
  9. 監査と評価
  10. 是正措置プロセス
  11. 文書化と記録
  12. サプライヤーの責任

このページをシェアする