このウェブサイトはクッキーを使用しています。
このウェブサイトを利用することで、利用者はクッキーの使用に同意することになります。

詳細を確認する 同意する

IR背景画像

経営方針

ディスクロージャーポリシー(情報開示方針)

1. 情報開示の方針

ブラザーグループ(以下、「当社」)は、グローバルに展開するすべての活動の礎として、「ブラザーグループ グローバル憲章」を制定し、お客様、従業員、ビジネスパートナー、株主、地域社会、環境等、当社を取り巻く全てのステークホルダーの皆様と長期的な信頼関係を築くため、公正で透明性の高い情報開示を積極的に行います。また、ステークホルダーの皆様とのさまざまなコミュニケーション活動を通じ、継続的な企業価値の向上に努めてまいります。

2. 情報開示の基準

当社は、法令および当社の株式を上場している金融商品取引所が定める規則に従い、迅速、正確かつ公平に情報開示を行います。また、法令・規則に開示の定めのない情報についても、当社の経営方針や事業内容に対してステークホルダーの皆様に理解を深めていただくために有用であると当社が判断した場合は、積極的に開示してまいります。

3. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開します。公開した情報は、当社ホームページに速やかに掲載することとしています。
また、適時開示規則に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法により、できるだけ正確かつ公平に当該情報が投資家の皆様に伝達されるよう配慮しています。

4. 沈黙期間

当社では、決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するため、原則として、各四半期決算期日の翌日から当該四半期決算発表日までを「沈黙期間」としており、この期間は決算に関連するコメントや質問への回答、取材への対応等は控えさせていただいております。ただし、「沈黙期間」中でも業績予想と実際の業績の間に大きな差異が生じる見込みが出た場合には、開示規則に従い適宜公表します。

5. 将来の見通しに関して

当社では、ニュースリリース、ホームページに記載する内容や、決算説明会、アナリスト・投資家とのミーティングにおける質疑応答などにおいて、将来に関する戦略・業績見通しなどの情報開示やコメントを提供する場合がありますが、これらの情報のうち歴史的事実以外のものについては、その時点で入手可能な情報に基づいて得られた当社の判断によるものであり、リスクや不確実性を含んでおります。当社を取り巻く経済動向、市場動向、為替レートや金利、税制や諸制度の変更などの要素により、実際の業績は見通しとは大きく異なる結果になることがあります。

このページをシェアする