CSRの取り組み

トップからのCSRメッセージ

"At your side."の精神のもと「お客様と従業員の幸せ」を追求

ブラザーのCSR経営とグローバル憲章

ブラザーは、"At your side."の精神のもと「お客様と従業員の幸せ」を追求する経営を目指しています。これはグループ全ての従業員が一丸となって優れた価値を創造し迅速に提供することで、お客様に喜んでいただき、その喜びを全ての従業員が誇りに思うことで実現できると考えています。
「お客様と従業員の幸せ」を追求する経営の基盤となるのが、「ブラザーグループ グローバル憲章」(以下、グローバル憲章)に示された、事業の成長と社会的責任の遂行による、お客様を第一としたすべてのステークホルダーとの長期的な信頼関係の構築です。グローバル憲章におけるこの価値観の浸透をグループの全従業員に図っていくことで、ブラザーのCSR経営をこれからも進化させていきます。

代表取締役社長  佐々木 一郎

お客様・社会の変化にモノ創りで応える

ブラザーは常に変革に向き合っています。変革し続けることは変化するお客様のニーズに対して常に「優れた価値」を創出していくための戦略であり、モノ創り企業であるブラザーグループの存在意義でもあります。
お客様や社会から要請される価値は変化しています。例えば、国連総会において2015年に採択された、2030年をゴールとする「持続可能な開発目標(SDGs)」は、持続可能な世界を実現するための17の目標を掲げており、企業に対しても行動が期待されています。また、多くのステークホルダーから、環境・社会・ガバナンス(ESG)を重要視した経営が求められています。
その中でブラザーは、数多くある社会課題の中から以下の項目に優先的に取り組み、事業を通じた社会価値の創出を実現すべきだと考えます。

  • お客様が幸せを感じるイノベーションを、従業員が創造力を発揮し生み出すこと
  • 地球環境保全に継続的に取り組むこと
  • 社会貢献活動を継続的に推進すること
  • 社会要請に迅速に応えるため、ビジネスパートナーとの協働体制を強化すること

これらの課題に取り組むことは、ブラザーの未来永劫の繁栄のために必要なことです。そしてその実現のためには、お客様の声に加え、このような社会からの期待の変化をあらためて事業の成長機会、あるいは経営のリスクとして真摯に捉え、その解決に向かう必要があると考えます。

すべての従業員が"At your side."の精神で行動する

私は、短期と長期の両面を見据えてブラザーグループのCSR経営を進化させるため、そしてお客様や社会からの期待に応えるために、お客様や従業員をはじめとしたさまざまなステークホルダーとの対話をグローバルに広げるなど、先頭に立って行動します。また、ブラザーの良き企業風土である、"At your side."の精神で優れた価値を創造し迅速に提供する従業員の行動を、さらに促進していきます。
私たちブラザーグループは、未来に向かい、あらゆるステークホルダーからの信頼を積み重ねる努力のもとに経営を進化させ、「お客様と従業員の幸せ」を追求します。

2019年3月
ブラザー工業株式会社
代表取締役社長
佐々木 一郎

このページをシェアする