このウェブサイトはクッキーを使用しています。
このウェブサイトを利用することで、利用者はクッキーの使用に同意することになります。

詳細を確認する 同意する

株主とともに

外部からの評価

SNAMサステナビリティ・インデックス

6年連続で「SNAM サステナビリティ・インデックス」構成銘柄に選定

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社が独自に設定している「SNAMサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に、ブラザー工業は、2012年から6年連続で選ばれました。

SNAMサステナビリティ・インデックス

「SNAMサステナビリティ・インデックス」は、2012年8月から設定されており、SOMPOリスケアマネジメント社の環境調査とインテグレックス社の社会・ガバナンス調査から企業のESG(環境・社会・ガバナンス)を評価し、構成銘柄を選定しています。
年金基金や機関投資家向けなど、ESG評価の高い企業の株式に投資する社会的責任投資(SRI: Socially Responsible Investment)ファンドの運用に活用されています。
設定当初から6年連続での採用は、ブラザー工業のESGの取り組みが継続的に評価された結果と捉えています。

ブラザーグループは、これからも中長期的な視野に立ってグローバルなCSR経営を推進することで、すべてのステークホルダーからの信頼を積み重ねるとともに、さらなる事業の成長を目指します。

健康経営優良法人

ブラザー工業株式会社が2年連続で「健康経営優良法人」に認定

2018年2月、ブラザー工業は、経済産業省が設計し日本健康会議が運営する健康経営優良法人認定制度の「健康経営優良法人」に、昨年に続き認定されました。

健康経営優良法人

健康経営優良法人認定制度は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みに基づいて、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰するものです。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として、社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。

ブラザー工業は、従業員が長期にわたり才能とスキルを発揮するために、一人ひとりの健康管理が重要であると考え、継続的なメンタルヘルス教育や禁煙サポート・受動喫煙防止の活動など、従業員の心身の健康維持・増進に取り組んでいます。2016年9月には、さらなる健康経営推進のため、ブラザーグループ健康経営理念を制定するとともに社長を最高健康責任者とし、より強固な健康経営推進体制を構築しました。

「健康経営優良法人」には、ブラザー工業のほかにグループ会社である、株式会社ニッセイ・ブラザーインターナショナル株式会社・ブラザー販売株式会社・株式会社エクシング・ブラザーロジテック株式会社・ブラザー不動産株式会社・株式会社ブラザーエンタープライズの7社が認定されています。

ブラザーグループは、これからも健康経営の実現に向け、従業員の健康の保持・増進に対する取り組みを戦略的に進めていきます。

  • 「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

このページをシェアする