株主とともに

外部からの評価

FTSE4Good Index Series・FTSE Blossom Japan Index

「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」に2020年から選定

ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)は、ロンドン証券取引所のグループ会社であるFTSE Russellが開発したESG投資*指数「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に2020年から選定されています。

ロゴ_FTSE4Good Index Series ロゴ_FTSE Blossom Japan Index

「FTSE4Good Index Series」は、ESGに関する評価基準を満たした企業で構成されており、世界的に認知度の高いESG投資指数です。また、「FTSE Blossom Japan Index」は、日本株式市場に特化した指数として、世界最大規模の資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(以下、GPIF)にESG指数として採用されています。
今回の選定は、これまでのブラザー工業の環境・社会・ガバナンスに対するさまざまな取り組みが評価された結果と捉えています。
ブラザーグループは今後も、ESGを重視した経営を推進し、事業の成長と社会的責任の遂行によって、持続的な企業価値の向上を図ってまいります。

  • 環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資
FTSE4Good Index Series (「FTSE4Good Index Series」(英文)のサイトへリンクします)
FTSE Blossom Japan Index (「FTSE Blossom Japan Index」(英文)のサイトへリンクします)

MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)

「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」に2019年から選定

ブラザー工業は、アメリカのモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社(以下、MSCI)が算出・提供しているESG投資指数「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄に2019年から選定されています。

ロゴ_MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)

「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」は、国の定める「女性活躍推進法」に基づく性別多様性に関するデータベース(女性の活躍推進企業データベース*)における女性の労働者・管理職が占める割合などのデータや企業の開示情報をもとに、女性活躍推進に積極的に取り組むリーダー企業を選定するものです。
GPIFに採用されている本指数の選定は、これまでブラザー工業が多様な働き方を支援し「女性活躍推進に関する宣言」や「女性活躍推進に関する行動計画」の策定、女性の活躍を推進する各種制度や施策への取り組みなどが評価された結果と捉えています。

ブラザーグループは、引き続き従業員の多様性を尊重しながら、強固な企業組織の構築と社会的責任の遂行により、すべてのステークホルダーと信頼関係を強め、さらなる事業の成長に努めます。

MSCI ESG Research (「MSCI ESG Research」(英文)のサイトへリンクします)

DISCLAIMER
THE INCLUSION OF BROTHER INDUSTRIES, LTD. IN ANY MSCI INDEX, AND THE USE OF MSCI LOGOS, TRADEMARKS, SERVICE MARKS OR INDEX NAMES HEREIN, DO NOT CONSTITUTE A SPONSORSHIP, ENDORSEMENT OR PROMOTION OF BROTHER INDUSTRIES, LTD. BY MSCI OR ANY OF ITS AFFILIATES. THE MSCI INDEXES ARE THE EXCLUSIVE PROPERTY OF MSCI. MSCI AND THE MSCI INDEX NAMES AND LOGOS ARE TRADEMARKS OR SERVICE MARKS OF MSCI OR ITS AFFILIATES.

EcoVadis(エコバディス) サスティナビリティ調査

ブラザー工業は2020年10月、フランスのEcoVadis社が実施したサスティナビリティ調査において「シルバー」の評価を獲得しました。本調査では、グループ会社であるドミノプリティングサイエンスにおいても、同じく「シルバー」の評価を獲得しています。

ロゴ_EcoVadis_シルバー

EcoVadis社のサスティナビリティ調査は、世界のサプライチェーンに対してSDGsへの取り組みを調査・評価するものです。世界160カ国、200業種に及ぶ約65,000の企業がその対象となっており、国際的なCSR規格に基づいた「環境」「労働慣行と人権」「倫理」「持続可能な資材調達」の4分類・21のCSR分析基準をもとにスコアが算出されています。

ブラザーグループでは、すべての活動の礎である「グローバル憲章」で、事業の成長と社会的責任の遂行により、お客様を第一としたステークホルダーの皆さまとの長期的な信頼関係を構築することを掲げています。グローバルに環境・社会課題に対する意識がさらに高まっていく中で、すべての従業員がESGやSDGsを一層意識しながら、これからも事業を通じた社会価値の創出に取り組みます。

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」に2018年から選定

ブラザー工業は、S&Pダウ・ジョーンズと東京証券取引所がESGのうちE(環境)に着目した株価指数である「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」に2018年から選定されています。

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」は、日本市場の動向を示す代表的な株価指数である東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄を対象に、環境情報の開示状況、炭素効率性(売上高当たり炭素排出量)の水準に着目して、構成銘柄の組み入れ比率を決定する指数です。本指数は、ESG指数のうちグローバル環境指数として、GPIFに採用されています。

ブラザーグループでは、持続的発展が可能な社会の構築に向け、企業活動における環境情報の適切な開示や、TCFD提言への賛同などによる脱酸素社会に貢献する取り組みを進めています。今後も、企業活動のあらゆる面において、地球環境への配慮に前向きな姿勢で取り組んでいきます。

SOMPOサステナビリティ・インデックス

2012年から「SOMPOサステナビリティ・インデックス」構成銘柄に選定

SOMPOアセットマネジメント株式会社が独自に設定している「SOMPOサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に、ブラザー工業は2012年から選ばれています。

SOMPO Sustainability Index logo

「SOMPOサステナビリティ・インデックス」は、2012年8月から設定されており、SOMPOリスクマネジメント社の環境調査とインテグレックス社の社会・ガバナンス調査から企業のESG(環境・社会・ガバナンス)を評価し、構成銘柄を選定しています。本指数は、年金基金や機関投資家向けなど、ESG評価の高い企業の株式に投資する社会的責任投資(SRI: Socially Responsible Investment)ファンドの運用に活用されています。
設定当初からの選定は、ブラザー工業のESGの取り組みが継続的に評価された結果と捉えています。

ブラザーグループは、これからも中長期的な視野に立ってグローバルなCSR経営を推進することで、すべてのステークホルダーからの信頼を積み重ねるとともに、さらなる事業の成長を目指します。

健康経営銘柄2021・健康経営優良法人2021

健康経営銘柄は2017年から4回選定、健康経営優良法人は2017年から5回認定

ブラザー工業は、経済産業省と東京証券取引所が共同で選出する「健康経営銘柄」に2017年から4回選定されています。また、経済産業省が設計し日本健康会議が運営する健康経営優良法人認定制度において、2017年から「健康経営優良法人(ホワイト500)」に5回認定されています。

健康経営銘柄 健康経営優良法人

「健康経営銘柄」は、東京証券取引所に上場している企業の中から、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に取り組んでいる企業を健康経営に優れた企業として選定し、長期的な視点で企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介する制度です。ブラザー工業はブラザーグループ健康経営理念に基づいた、運動習慣者比率をさらに向上させる取り組みや、上司と部下による定期的な1on1ミーティングを通じたコミュニケーションの促進と組織活性化などが評価され選定されました。
また、2021年にはグループ会社である株式会社ニッセイが、健康経営銘柄に初めて選定されました。

「健康経営優良法人」は、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度で、ブラザー工業のほかにグループ会社である、株式会社エクシング・株式会社ニッセイ*1・株式会社ビートップスタッフ・ブラザー販売株式会社*1・ブラザーリビングサービス株式会社*1・ブラザーインターナショナル株式会社・株式会社ブラザーエンタープライズ*2・ブラザーロジテック株式会社・三重ブラザー精機株式会社の9社が認定されています。

ブラザーグループは、ブラザー工業の経営トップを最高健康責任者とした健康経営推進体制を構築し、会社・労働組合・健康保険組合が三位一体となり、従業員の健康の保持・増進に向けたさまざまな施策を展開してきました。従業員一人一人の心身の健康こそ大切な「財産」ととらえ、これからも従業員が安心して健康に働ける環境を整備し、健康経営の実現を推進してまいります。

  • 「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。
  1. 大規模法人部門上位500社のみ認定される「ホワイト500」
  2. 中小規模法人部門上位500社のみ認定される「ブライト500」

このページをシェアする