株主とともに

外部からの評価

SNAMサステナビリティ・インデックス

8年連続で「SNAM サステナビリティ・インデックス」構成銘柄に選定

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社が独自に設定している「SNAMサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に、ブラザー工業は、2012年から8年連続で選ばれました。

SNAMサステナビリティ・インデックス

「SNAMサステナビリティ・インデックス」は、2012年8月から設定されており、SOMPOリスケアマネジメント社の環境調査とインテグレックス社の社会・ガバナンス調査から企業のESG(環境・社会・ガバナンス)を評価し、構成銘柄を選定しています。
年金基金や機関投資家向けなど、ESG評価の高い企業の株式に投資する社会的責任投資(SRI: Socially Responsible Investment)ファンドの運用に活用されています。
設定当初から8年連続での採用は、ブラザー工業のESGの取り組みが継続的に評価された結果と捉えています。

ブラザーグループは、これからも中長期的な視野に立ってグローバルなCSR経営を推進することで、すべてのステークホルダーからの信頼を積み重ねるとともに、さらなる事業の成長を目指します。

健康経営銘柄2019・健康経営優良法人2019

健康経営銘柄は2017年以来2度目の選定、健康経営優良法人は3年連続の認定

ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)は2019年2月、経済産業省と東京証券取引所が共同で選出する「健康経営銘柄」に2017年以来2度目の選定をされました。また、経済産業省が設計し日本健康会議が運営する健康経営優良法人認定制度において、3年連続で「健康経営優良法人」に認定されました。

健康経営銘柄 健康経営優良法人

「健康経営銘柄」は、東京証券取引所に上場している企業の中から、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を選定する制度で、ブラザー工業はブラザーグループ健康経営理念に基づいた、労働時間の適正化やメンタルヘルス対策などの取り組みが評価され選出されました。

「健康経営優良法人」は、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度で、ブラザー工業のほかにグループ会社である、株式会社エクシング・株式会社ニッセイ・株式会社ビートップスタッフ・ブラザー販売株式会社・ブラザーリビングサービス株式会社・ブラザーインターナショナル株式会社・株式会社ブラザーエンタープライズ・ブラザー不動産株式会社・ブラザーロジテック株式会社・三重ブラザー精機株式会社の10社が認定されています。

ブラザーグループは、これからも従業員の健康保持・増進に対する取り組みを戦略的に進めていきます。

  • 「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

このページをシェアする