従業員とともに

健康経営の推進

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 8 働きがいも経済成長も

「ブラザーグループ健康経営理念」を制定し、従業員の健康管理を推進

健康経営推進体制を構築

ブラザーグループは、モノ創りを通して優れた価値を創造し、世界中のお客様に製品やサービスを提供するため、全ての従業員がグローバルに日々活動しています。
その活動の礎である「ブラザーグループ グローバル憲章」に示されているように、従業員が長期にわたり才能とスキルを発揮するためには、一人ひとりの健康管理が重要であると考えています。

ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)は2016年9月に、ブラザーグループ健康経営理念を制定し、最高健康責任者(CHO: Chief Health Officer)のもと、さまざまな活動に戦略的に取り組んでいます。

ブラザーグループ健康経営理念

ブラザーグループは、従業員一人ひとりの心身の健康こそ大切な「財産」ととらえ、『明るく・楽しく・元気に』、活き活きとさまざまな能力を発揮できることが、グループの成長につながると考えています。
従業員一人ひとりが健康であることは、ブラザーグループの継続した発展の礎であるとともに、健康寿命の延伸など社会の要請に応えるものです。
健康経営の実現のため、会社・労働組合・健康保険組合が一体となり、従業員の健康の保持・増進に戦略的に取り組みます。

ブラザー工業株式会社
代表取締役社長
最高健康責任者
佐々木 一郎

健康経営推進体制

ブラザー工業は、ブラザーグループ従業員の健康管理やメンタルヘルス対策や健康づくりを推進する健康管理センターを設置し、健康保険組合や労働組合と一体となり、PDCAサイクルを回して、効果的・効率的な従業員の健康の保持・増進活動を展開しています。ブラザーグループの各国、各地域の拠点では、産業医を配置もしくは医療機関と提携し、従業員の心身の健康の保持・増進に取り組んでいます。

ブラザーグループ健康経営推進体制図

ブラザーグループ健康経営推進体制

ブラザーグループ健康経営推進協議会

ブラザー工業および国内のグループ会社の安全衛生担当責任者が年1回集まり、従業員の健康に関する課題を抽出し、次年度以降の活動方針や目標を決定しています。また、健康保険組合と優れた活動を展開したグループ会社が活動事例の発表を行い、効果的・効率的な取り組みについて情報を共有しています。
2018年度からは、健康経営への取り組みを総合的に評価し、優秀であったグループ会社をCHOが「ヘルシーカンパニー」として表彰する制度を新設しており、その表彰を行っています。

健康支援ミーティング

ブラザーグループ健康経営推進協議会で決定した方針に従い、ブラザー工業健康管理センターと健康保険組合の保健推進センターおよびブラザー記念病院が連携し、数値目標達成のための具体的な活動内容を決め、実施方法の検討とその結果の評価を行っています。また、労働組合と協働したイベントを企画しています。

従業員の健康に関する長期目標「健康ブラザー2025」

ブラザーグループ健康経営推進協議会では、健康経営理念に基づき、従業員が活き活きとさまざまな能力を発揮するために2025年までに達成すべき長期目標「健康ブラザー2025」を定めています。
「健康ブラザー2025」達成に向け、安全衛生法令の順守をベースに従業員が、明るく・楽しく・元気に日々過ごすこと、自発的に健康づくりに取り組むこと、仕事と健康を両立することを柱に、活動を推進しています。

「健康ブラザー2025」の目標値と実績 (ブラザー工業株式会社)
項目 目標値(~2025年度) 実績
2018年度 2019年度
血糖コントロール不良者率*1 0% 0.5% 0.4%
メタボリックシンドローム非該当者率*1 80%以上 73.8% 73.0%
喫煙率*1 10%未満 14.9% 13.7%
がん検診の受診率*2 95%以上 96.6% 96.1%
がん検診2次検査の受診率 90%以上 80.7% 83.5%
1カ月以上の休業者の発生率*1 0.5%以下 1.1% 1.4%
ラインケア教育の受講率*1 100% 91.9% 81.0%
5つ以上の健康的な生活習慣保持者率*1 70%以上 66.6% 66.6%
ストレスチェックによる高ストレス者率*1 5%未満 10.1% 10.0%
睡眠充足者率*1 70%以上 62.0% 61.1%
運動習慣保持者率*1(週1回・30分以上) 60%以上 40.6% 40.8%
  1. ブラザー工業従業員に対する割合
  2. 35歳以上のブラザー工業従業員に対する割合
従業員の健康管理・状況 (ブラザー工業株式会社)
項目 2018年度 2019年度
従業員の健康管理
定期健診 受診率*1 100% 100%
35歳以上の従業員を対象とする総合健診の受診率*2 96.4% 96.1%
有所見率 57.0% 60.6%
2次検査受診率 75.8% 76.6%
特定健診*3 受診率*4 96.1% 99.4%
メタボリックシンドローム率 12.3% 14.2%
ストレスチェック 受診率*1 88.0% 89.0%
ブラザー健康生活月間 参加率*1 39.9% 35.1%
満足率 91.0% 94.0%
従業員の健康状況
年間総実労働時間 1,956時間 1,952時間
年間所定外労働時間 196.0時間 197.8時間
平均勤続年数 17.1年 17.2年
離職率・人数*5 1.4%・54名 1.3%・50名
有給休暇取得率・日数 82.8%・16.6日 86.2%・17.2日
長時間労働者数 法定外労働時間が月に75時間を越えた人数 2名 2名
生活習慣病 糖尿病*1 5.3% 5.7%
高血圧*1 9.2% 9.8%
脂質異常症*1 13.4% 14.5%
喫煙率*1 14.9% 13.7%
運動習慣者比率*1 週1回以上、30分程度の運動習慣のある人 40.6% 40.8%
ストレスチェック 高ストレス率 10.1% 10.0%
従業員1人当たりの医療費総額の平均 115,246円 129,453円
従業員満足度 従業員意識調査「私は、ブラザーの一員として、総合的に満足している」の回答(5段階評価) 3.79 3.79
  1. ブラザー工業従業員に対する割合
  2. 35歳以上のブラザー工業従業員に対する割合
  3. 厚生労働省が定める健診
  4. 特定健診の対象従業員に対する割合
  5. 自己都合退職者

心身における健康の保持・増進への活動

グループ全体の健康の保持・増進を目指して

ブラザー工業健康管理センターの産業医と保健師は毎年、ブラザーグループの拠点を訪問しています。2019年度は、生産拠点の兄弟高科技(深圳)有限公司、ブラザーインダストリーズ(フィリピン)Inc.を訪問しました。
訪問先では、ブラザー工業からの出向者やその家族に対する健康面談やメンタルヘルス講習の実施、医療スタッフとの情報交換を行いました。また生活環境の調査・ヒアリングを実施するとともに、拠点と提携している医療機関の視察を行い現状の確認を行いました。また、出向者が医療機関を受診する際の予約代行や通訳、重症疾患発症時のサポートをしてくれる医療サポートサービス会社との情報交換も実施しました。

心の健康 ~予防・早期発見・復職のフォロー~

ブラザー工業は、従業員に対する継続的なメンタルヘルス教育を2007年から行っており、自らストレスに気づき適切な対処ができること(一次予防)、上司が部下の不調を早期に発見し対応ができること(二次予防)を目指しています。また、病気を発症した後も自分らしく働き続けることができるよう、復職支援(三次予防)にも各職場と協力し取り組んでいます。
一次予防につながるセルフケア講習は、5年ごとに全従業員が受講しています。講習では、体調管理の方法やストレスとの付き合い方について、事例をもとに対処法を自ら考える時間にしています。

セルフケア講習 セルフケア講習

2014年度、労働安全衛生法改正に伴い「ストレスチェック」を導入しました。2017年度からは「ストレスチェック」の結果を部門単位で分析し、健康リスク評価を行っています。リスク評価の結果は産業医・保健師から全部門の責任者にフィードバックされ、各部門は、自部門のストレス状況の課題を認識し、部門長を中心に職場改善のための施策を検討・実行しています。2019年度は活き活きと働くことを目指したポジティブメンタルヘルス対策を人事部と健康管理センターが共同で実施しました。テーマを「エンゲージメント*向上」とし、執行役員や部門長を対象としたワークショップやミーティングを開催しました。ワークショップには全部門からの参加があり、任意参加のミーティングには約半数の部門からの参加がありました。

「エンゲージメント向上」ワークショップの様子 「エンゲージメント向上」ワークショップの様子

また、ブラザー工業では、正社員をはじめ、嘱託社員、出向者、派遣社員など全従業員を対象に、毎年1回「従業員意識調査」を実施しています。仕事上のストレス、職場での人間関係や待遇、会社に対する誇り度など、多岐にわたり従業員の意識を把握・分析することで、健全な職場環境と一人ひとりの働きがいの改善に努めています。

  • 組織と個人が一体となって、双方の成長に貢献しあうこと。組織の業績と従業員のウェルビーイング(身体的・精神的・社会的に良好な状態になること)両方の向上に効果があると言われている。

身体の健康 ~健康づくり活動・受動喫煙防止と禁煙サポート~

ブラザー工業健康管理センターは、毎年10月~11月を「ブラザー健康生活月間」とし、ブラザー工業人事部安全防災グループ・健康保険組合・労働組合と協力し、さまざまな取り組みを行っています。
2019年度は、前年度に引き続き「睡眠」をテーマに、より良い睡眠の確保を目指した取り組みを行いました。保健師が各職場へ出向き「より良い睡眠と自律神経」について健康教育を行いました。健康教育は任意受講であったにもかかわらず、計66回、1,627名もの参加がありました。不眠の自覚症状や眠りに要するまでの時間は、参加前と比較し改善がみられました。

健康生活月間案内 健康生活月間案内

受動喫煙対策では、2016年度の建物内禁煙、2018年度の就業時間内禁煙の徹底に加え、新たに喫煙後45分間のエレベーター利用を禁止する取り組みを行いました。他にも、健康増進法の改正に合わせ、Eラーニングによる受動喫煙教育を全従業員対象に実施しました。
喫煙率の低下を目指した対策では、禁煙サポートの強化を継続して行っています。2019年度は加熱式タバコに関する情報提供を行いました。また、新型コロナウイルス感染予防・重症化予防を目的とし、2週間禁煙チャレンジを展開したところ、多くの従業員の参加がありました。

加熱式タバコに関する資料 加熱式タバコに関する資料

感染症対策 ~予防のための教育・発生時の対応~

グローバルに事業を展開するブラザーグループでは、40以上の国と地域に拠点があり、多くの従業員が出張や出向などで、国や地域間を移動しています。国や地域ごとにリスクの高い感染症があるため、ブラザーでは感染症への感染・拡大の予防を推進しています。

日本から海外に渡航する従業員には、ブラザー工業健康管理センターの産業医が健康教育を行い、HIVやマラリアなど感染症予防のため、感染経路や潜伏期間、発生症状などの情報を共有して、注意喚起を行っています。出向者に対しては、海外で生活する上での注意事項をまとめた「海外健康管理のしおり」で、情報を提供しています。また、イントラサイトで、感染症流行情報を掲載し情報の共有に努めています。ブラザーグループの海外拠点においては、ブラザー工業健康管理センターの産業医と保健師が毎年行っている訪問時に、現地の感染症の流行状況などを確認しています。
感染症の流行リスクが高まった際には、最新情報の収集やその情報をもとに対策を検討するために、リスク管理委員会の下部組織として、経営層・人事部・産業医などをメンバーとする対策委員会を発足しています。

ブラザーグループは、これからも従業員の心身の健康の保持・増進のための取り組みを推進していきます。

健康経営に対する外部からの評価

「第1回上手な医療のかかり方アワード」最優秀賞受賞

ブラザー工業は、2020年3月、厚生労働省主催の「第1回上手な医療のかかり方アワード」において、最も優れた取り組みを行っていると評価された団体に贈られる「厚生労働大臣賞 最優秀賞」を受賞しました。「上手な医療のかかり方アワード」は、夜間の時間外受診や休日受診の増加により、一刻を争う急病人を優先して診察できないことや、医療従事者の過剰労働を防ぐため、医療機関へのかかり方の改善につながる優れた取り組みを奨励・普及することを目的に、今回初めて実施されました。

上手な医療のかかり方アワード

ブラザー工業では、ブラザーグループ健康経営理念に基づき、従業員が安心して働くことができるよう、さまざまな取り組みを進めています。その中でも、今回の受賞にあたっては、業務中のけがや急病に備えて各職場に用意されている緊急時対応表や、従業員が業務時間内でも受診しやすい環境の整備、「病気の治療と仕事の両立」および「不妊治療と仕事の両立」の2つの社内ガイドラインによる仕事と治療の両立支援の推進などが高く評価されました。

ブラザーグループは、これからも従業員の健康保持・増進に対する取り組みを強化していきます。

「健康経営銘柄2021・健康経営優良法人2021」

ブラザー工業とグループ会社である株式会社ニッセイは、2021年3月、経済産業省と東京証券取引所が共同で選出する「健康経営銘柄2021」に選定されました。また、経済産業省が設計し日本健康会議が運営する健康経営優良法人認定制度において、ブラザー工業とグループ会社9社が「健康経営優良法人2021 (内、ブラザー工業・株式会社ニッセイ・ブラザー販売株式会社・ブラザーリビングサービス株式会社は大規模法人部門上位500社のみ認定されるホワイト500、株式会社ブラザーエンタープライズは中小規模法人部門上位500社のみ認定されるブライト500)」に認定されました。

  • 「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

ブラザーグループの健康経営の取り組みについてBS-TBS「いきいきWork」で紹介されました。

このページをシェアする