お客様とともに

お客様第一の製品開発

  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

「お客様の声」を事業活動の起点とし、ニーズに合った製品・サービスを提供

各部門が情報共有しながらお客様のご要望を迅速にカタチにする

ブラザーグループは、独自のマネジメントシステム「ブラザー・バリュー・チェーン・マネジメント」(以下、BVCM)を実施し、"At your side."の精神で、より優れた製品・サービスをお届けしています。

お客様の声にお応えするための独自のマネジメントシステム お客様の声にお応えするための独自のマネジメントシステム

BVCMの中の「コンカレントチェーン」では、デマンドチェーンでまとめられた製品コンセプトを具体的なカタチにします。試作の前後にシミュレーションや想定されるお客様によるモニター試験を何度も行い、高い品質レベルを実現しながら、迅速に開発設計を行います。
また、生産技術担当部門では、お客様が望むタイミングで製品を提供できるように最適な生産ラインを設計します。
各部門が情報共有しながら同時進行で製品化に向けて取り組むことにより、お客様のご要望を迅速にカタチにすることが可能となります。

お客様のご要望に応える製品開発

お客様の声を聞き、製品が使用される現場を知って、お客様の求める製品を開発

用紙幅4インチのラベルやレシートに印刷できる感熱モバイルプリンターを使用するアメリカのお客様は、車内に設置したりベルトに装着したりして、配送先や物流倉庫などの現場で納品書や配送ラベルを印刷します。そのため、モバイルプリンターに対して、場所を選ばずどこでも情報端末とつながりやすいことや、トラックなどの車両の乗降や荷物を運ぶ際に加わる強い衝撃や負荷に耐える頑丈さを要望されます。

これらのご要望を達成するために企画担当者やメカ・ソフト開発者などが創意工夫を重ねるとともに、さらに優れた製品の提供に向け、完成品に近い試作機を持って、アメリカのお客様を訪問することを決めました。
訪問先では、企画・開発・品質管理の担当者がそれぞれの視点でヒアリングや使用状況の調査を行い多面的な情報を得ることができました。また、試作機を実際に操作いただくことで、自分たちでは気づけなかった、現場で実際に使用しているユーザーならではの操作方法や、お客様の抱える課題に気づくことができました。

お客様へのヒアリング お客様へのヒアリング 訪問先で配送トラック乗降時の装着性を確認 訪問先で配送トラック乗降時の装着性を確認

製品開発期間のぎりぎりまで、現場から学びお客様のご要望を聞くことで、用紙を片手でセットできるといった操作性の向上や、複数台のモバイルプリンターを管理するためのラベルを貼るスペースを作るなど、カタログのスペックには表れない細部まで配慮した新たな価値を、製品に反映することができました。

ブラザーグループは、これからもお客様の声をお聞きし、製品が使われる現場を知って、お客様に価値を提供していきます。

このページをシェアする