グループ企業情報

トップメッセージ

あらゆる場面でお客様を第一に考える"At your side."の精神で、変化に柔軟かつ迅速に対応し、優れた価値を提供し続けます

代表取締役社長 佐々木 一郎

ブラザーグループの価値創造
変化に対して常に柔軟かつ迅速に対応し、「ブラザーグループ グローバル憲章」に基づいて、優れた価値をお客様に提供する

ブラザーグループは、お客様や社会のニーズを常に敏感に捉えて事業を展開してきました。その根底にあるのが「あらゆる場面でお客様を第一に考える」"At your side."の精神です。お客様のニーズに合わせて事業を変革しながら、優れた価値を創造し、提供し続けること。それがいつの時代にも通じるビジネスの基本だと考えています。

そしてブラザーグループには、"At your side."の精神をはじめ従業員の日々の意思決定と実行に対する基本方針と行動規範からなる「ブラザーグループ グローバル憲章」(以下、グローバル憲章)があります。グローバル憲章は28言語に翻訳され、全世界のブラザーグループ従業員約4万人の活動の礎となっています。

現代はあらゆる意味で変化のスピードが速まり、これまで想定していなかったことが起きています。こうした環境の中でも、優れた価値を提供し続けるためには、従業員一人ひとりがグローバル憲章に基づいて自律的に行動し、常に"At your side."の精神で変化に柔軟かつ迅速に対応していくことが大切だと考えています。

ブラザーグループの強み
お客様のニーズに合う製品・サービスを提供するために、「柔軟性」「小回り力」「コスト競争力」を発揮する

1908年にミシンの修理業から始まったブラザーは、時代の変化・技術の進化に柔軟に対応し、その後、ミシン、タイプライター、プリンターと主力製品を変えながら、失敗を恐れずチャレンジし続けてきました。そうした「柔軟性」は、常にお客様が何を必要としているかという視点で製品やサービスを提供することから培われたものです。

こうした変化に対応する「柔軟性」に加え、製品・サービスを迅速に提供する「小回り力」と、開発・製造・販売・サービスにおける効率的なグローバルネットワークを生かした「コスト競争力」が当社の強みです。そして、お客様の声をすべての事業活動の起点とする当社独自のマネジメントシステム「ブラザー・バリュー・チェーン・マネジメント」(BVCM)を構築し、「小回り力」を生かして実践していくことで、今後もお客様が必要とする製品・サービスを迅速に提供し続けられると考えています。

中期戦略「CS B2021」の推進
長期的な視野に基づき、必要なことを実行するための3年間

2019年度を初年度とした中期戦略「CS B2021」では、「プリンティング領域での勝ち残り」「マシナリー・FA領域の成長加速」「産業用印刷領域の成長基盤構築」と、それを支えるインフラとして「スピード・コスト競争力のある事業運営基盤の構築」という、経営における4つの優先事項にフォーカスした改革に取り組んでいます。産業用領域の成長を図りながら、短期的な売上や利益のみを追求するのではなく、次なる成長に向けた基盤を構築する期間と位置付けています。

CS B2021の位置付け

当社の主力事業であるオフィス・家庭向け「プリンティング領域」は、世の中のペーパーレス化の流れに伴い市場の縮小が見込まれています。その中で、コンパクトながら多機能で使い勝手のよい当社のプリンター・複合機は、これまで大型の複写機・複合機を使われていたお客様からも支持されるようになっています。さらに、消耗品の自動発注や定額利用サービスなどの新しいビジネスモデルの拡大を図るなど、今後もお客様のニーズに迅速に対応しながら、プリンティング領域における勝ち残りを目指します。

「マシナリー・FA領域」における工作機械については、コンパクトで加工スピードの速さに強みを持つ商品を中心に開発を進め、品揃えを充実させてきました。2019年度には、加工部品を自動で搬送・供給できるオプション装置を販売するなど、自動化ニーズに応えた周辺機器も提供しています。足元では世界経済の停滞により受注の落ち込みが見られるものの、長期的に見れば世界における経済成長に伴い、工作機械の需要は増え続けると予想されています。さらに、人口減少による人手不足という構造的な問題から、ますます省人化・自動化へのニーズが高まるものと思っています。今後も製品ラインアップの強化、省人化・自動化に対応した周辺機器の提供とともに、国内外における営業・サービス拠点の拡充による販売力強化とサービス力向上を目指していきます。

「産業用印刷領域」では、ブラザーが培ってきたプリンティング技術と、ドミノプリンティングサイエンス(以下、ドミノ)が長年構築してきた顧客基盤を生かしたシナジーの顕在化による成長を加速していきます。2019年度には、ブラザー初となる自動包装機専用の産業用サーマルプリンターを開発し、販売を開始しました。今後は、販売・サービス体制の強化はもとより、ブラザーの開発基盤を活用しながら迅速な開発体制を構築し、新製品開発の加速を目指します。さらに、ブラザーグループが持つプリンティング技術の結集により、物流・製造業界などの新たな領域へと事業を拡大させていきます。

第4次産業革命の時代ともいわれる今、2030年までの10年間におよそ半分の業務がコンピューターとロボットに取って代わられるともいわれています。そうした流れの中、「スピード・コスト競争力のある事業運営基盤の構築」にグループをあげて取り組む必要があると思っています。

まずは、徹底的に業務プロセスを見直し、効率化を図ります。ブラザー工業では、業務の見直しをはじめ、RPA・AIなどのITを活用した業務の自動化、最適人員体制の構築によって、年間約700万時間の労働時間に対し、2021年度末には1割にあたる年間70万時間の削減を目指しています。1年目となる2019年度は、41万時間の削減を実現しました。削減により生み出された時間は、顧客価値創造のための業務に割り当てていきます。

また、ブラザー工業と海外グループ会社の間で人材を派遣する研修「トレーニー制度」や、上司と部下が定期的に1対1で話をする「1on1ミーティング」など、従業員が長期にわたり才能・スキルを発揮できるよう人材育成と関連制度を充実させています。広い視野と高い専門性を持ってグローバルな課題に対応でき、BVCMを推進していくことができる人材の育成によって、組織パフォーマンスの最大化を図ります。

CS B2021 次なる成長に向けて-成長基盤構築-

環境・社会・ガバナンス(ESG)の推進
事業を通じた社会価値の創出のための強い経営体制へ

グローバル憲章では、事業の成長と社会的責任の遂行による、お客様を第一としたすべてのステークホルダーとの長期的な信頼関係を構築するための姿勢を示しています。当社グループではこれまでも、プリンターにおける使用時の消費電力の削減や、使用済みトナーカートリッジのリサイクルによる環境負荷低減、高い生産性を誇る工業用ミシンの縫製工程自動化による省人化の実現、高齢化社会に対応した楽しみながら健康維持・QOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に取り組める音楽療養コンテンツ「健康王国」の提供など、事業を通じた社会価値の提供を推進してきました。世の中の環境・社会課題に対する意識がさらに高まっていく中かで、すべての従業員がESGやSDGs*1を意識し、これまで以上に事業を通じた社会価値の創出に取り組む必要があると考えています。

環境への取り組みについては、ブラザーグループ環境方針に従い、持続的発展が可能な社会の構築に向けて気候変動などの地球規模の環境課題解決に貢献していくため、2018年3月に「ブラザーグループ 環境ビジョン2050」を策定しました。この環境ビジョンに基づき、「CO2排出削減」「資源循環」「生物多様性保全」に関する活動を一層強化しています。特にCO2排出削減に関する2030年度中期目標は、2018年7月、国際的な環境イニシアチブである「Science Based Targetsイニシアチブ」から、パリ協定の「2°C目標」達成に貢献する"科学的根拠に基づく目標"として認定されているものです。また、RoHS指令やエコデザイン指令(ErP指令)、REACH規則への対応をはじめとした欧州の高い基準にも対応できるよう取り組んできました。

2019年度は、国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト」*2に署名し、人権や労働などに関する10原則を実践することで社会の持続的発展に今後も貢献していくことを表明しました。また、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)」の提言に賛同を表明し、気候変動が事業に及ぼすリスクと機会を分析して経営戦略に反映するとともに、関連する情報開示に努めてまいります。

当社では、2015年11月に「ブラザー・コーポレートガバナンス基本方針」を制定し、この方針に沿ってガバナンス体制の強化を図っています。経営の透明性を確保しガバナンスを適正に推進する上で社外取締役の存在は不可欠です。当社では取締役11人中、社外取締役が5名と比較的高い割合を占めていることが特徴の一つで、社外取締役には、それぞれの経験や専門的な知見に基づく指摘をしてもらい、取締役会をはじめとしたさまざまな場で活発な議論が行われています。

引き続き、経営資源の最適化と顧客価値の創造により企業価値を長期的に高めることと、企業の透明性を高めてすべてのステークホルダーとの間に長期的な信頼関係を築くことを重視しながら、ガバナンスの強化を図っていきます。

  1. SDGs:「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、17のゴール・169のターゲットから構成される国際社会共通の目標。
  2. 国連グローバル・コンパクト:各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みに参加する自発的な取り組み。

ステークホルダーの皆さまへ
変革を恐れないモノ創りのDNAを伝承し、優れた価値を提供する企業として進化し続ける

今後もブラザーグループを取り巻く事業環境は大きく変化していくものと思われますが、どのような環境にも対応していく必要があります。そのためにも従業員一人ひとりがさまざまなことにチャレンジすることで能力を向上させ、そこで培われる多様な経験がお客様のための新たな価値創造に向けられるように、変革を恐れないブラザーのモノ創りのDNAを伝承していくことが必要です。

変化の激しい事業環境だからこそ、"At your side."の精神のもとで従業員と一丸となって、これまで以上にお客様に喜んでいただける優れた価値を迅速にお届けする企業として進化し続けますので、引き続きご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2020年6月
ブラザー工業株式会社

このページをシェアする