ブラザーの歴史

2010年代 事業ポートフォリオの強化とBtoB事業の拡大

リーマンショックを乗り越えた2010年代、事業ポートフォリオの強化を進めてきました。プリンティング事業においては、変化しつつある事業環境で勝ち残るため、さらなる収益力強化を図り、マシナリー事業では、事業安定化のため新顧客開拓を推進しています。また、2015年にはM&Aによりドミノプリンティングサイエンスをグループ傘下に収めるなど、BtoB事業の拡大を進めています。

年表

2008年 ブラザーグループ創業100周年
2008年

HOYA株式会社とペンタックスブランドのモバイルプリンター事業の譲渡契約を締結

モバイルプリンターモバイルプリンター

2010年 株式会社エクシング が株式会社USENの子会社でカラオケ事業を展開する株式会社BMBを合併
2011年 ブラザーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)がWeb会議事業を展開するNefsis Corporationを買収
2013年

ブラザー工業株式会社が減速機や歯車事業を展開する株式会社ニッセイを子会社化

株式会社ニッセイ株式会社ニッセイ

2015年 株式会社エクシングが株式会社JVCケンウッド子会社で音楽・映像ソフトの企画・制作・販売などを展開する株式会社テイチクエンタテインメントを買収
2015年

ブラザー工業株式会社が英国の産業用プリンティング企業であるドミノプリンティングサイエンスを子会社化

ドミノプリンティングサイエンスドミノプリンティングサイエンス

このページをシェアする