工作機械の省電力技術|多様な独自技術|ブラザーブランドストーリー|ブラザー

02UNIQUE TECHNOLOGY AND EXPANSION

ENERGY
SAVING
工作機械の優れた環境性能でカーボンニュートラルに貢献

自動車部品や情報機器、航空機関連などの精密加工部品まで、さまざまな製造現場で活躍するブラザーのマシニングセンタ(工作機械)。数百台単位で導入される現場では消費電力の低減も重要になってきます。ブラザーのSPEEDIOは1サイクルの消費電力を一般的なマシニングセンタに比べて※約80%抑え、低消費電力によってお客様のお役に立つとともに、製造現場におけるCO2削減の取り組みに貢献します。

当社指定の主軸40番の工作機械との比較において、当社用意の加工プログラムで動作させた場合。実際の消費電力は加工工程や使用工具によって左右されます。

環境性能の鍵は「電源再生」

環境性能の鍵となるのは、電気自動車や電車など幅広い分野で応用されている「電源回生」です。マシニングセンタの加工の要になる主軸は、回転の加減速を何度も繰り返しますが、SPEEDIOでは「電源回生技術」により減速時に発生するエネルギーを電力として再利用します。

高効率なIPMモータを採用

主軸モータにIPMモータを採用。通常の誘導モータと比べて効率良く瞬時に立ち上がり、また中高速回転域トルクが高い高効率モータのため作業効率と省エネルギーを実現します。加えて省エネポンプ、LED機内灯、エア消費量削減など様々な省エネ装備によって低消費電力を実現しています。

ムダな動作と時間を徹底的に排除

ブラザーはNC装置(動作を数値制御する装置)も自社開発することでムダな動作、ムダな時間を徹底的に排除し、作業の短時間化により製造現場全体の省エネに貢献します。さらにクーラント自動オフ、機内灯自動オフ、オートパワーオフ機能等の各種機能の搭載で省電力を徹底します。

SCROLL