一覧に戻る

1961ポータブルタイプライターで事務機分野へ

Scroll

1961年、当時アメリカで人気の高まっていたポータブルタイプライターを発売。要となる精密な活字の製造などに3年の開発期間を費やして実現したブラザーのタイプライター。
アメリカ市場の他社製品と同等の性能ながら、求めやすい価格がたちまち人気を博し、その後「事務機のブラザー」のイメージを築く礎となりました。

タイプライターの生産ライン

タイプライターの生産ライン

コイニング後の活字

コイニング後の活字

独自技術によって開発された活字の金型用テンプレート

独自技術によって開発された活字の金型用テンプレート

このページをシェアする