一覧に戻る

1924ブラザー工業のルーツ「安井ミシン商会」

Scroll

1908年、ブラザー工業の創業者安井正義・実一兄弟の父である安井兼吉は輸入ミシンの修理業を行う「安井ミシン商会」を設立しました。
兼吉の隠居後に家業を継いだ正義は、ミシンの事業化という大きな夢の第一歩として「麦わら帽子製造用水圧機」を製作。この水圧機の品質・性能は得意先である麦わら帽子メーカーから高く評価されました。

創業者の安井正義(右)と安井実一(左)兄弟

創業者の安井正義(右)と安井実一(左)兄弟

このページをシェアする