サステナビリティ

CSR経営

ステークホルダーエンゲージメント

サステナビリティ

ステークホルダーエンゲージメント

ステークホルダーとの長期的な信頼関係の構築

ブラザーは、"At your side."の精神のもと、事業を通じた社会価値を創出するための経営を目指しています。
その基盤となるのが「ブラザーグループ グローバル憲章」に示された、事業の成長と社会的責任の遂行による、お客様を第一としたステークホルダーの皆さまとの長期的な信頼関係の構築です。グループの全従業員が、この価値観に基づき行動することで、ブラザーのCSR経営をこれからも進化させていきます。

それぞれのステークホルダーと長期的な信頼関係を構築するための取り組み

ステークホルダー ブラザーグループ グローバル憲章 取り組み
お客様
  • あらゆる場面でお客様第一を考え、モノ創りを通じて優れた価値を創造し、迅速に提供する
  • グローバルな市場から求められる多様な要請や期待にすばやく応える
  • 「お客様の声」を事業活動の起点とし、ニーズにあった製品・サービスを提供
  • 製品の品質基準と評価方法を構築しお客様が安心して使い続けることができる製品づくりを推進
  • お客様から返品または修理のために戻ってくる製品の割合を「お客様ご迷惑率」と呼び、不具合発生を限りなくゼロに近づけるため、品質向上活動を継続
  • 多様化するツールや市場、お客様の行動の変化にパートナーと適切に連携しながら柔軟に対応
従業員
  • 従業員の多様性を重視し、さまざまな能力を発揮できる職場環境とチャレンジングな仕事への機会を提供する
  • 努力と成果に対して、公正な評価と正当な報酬で応える
  • 多様な人材が能力を発揮できる制度・環境を整備
  • 障がいを持つ従業員から相談を受けるなどの役割を担う、「障害者職業生活相談員」を各工場の従業員から選任するなど、サポート体制を構築
  • 在宅勤務や介護休職などワークライフバランスを支える各種制度を整備
  • 公正な評価と処遇を目指した目標管理制度
  • マネジメント層を育成する研修や、トレーニー制度など人材育成制度を構築
  • 従業員が生き生きと働いているかなどを把握し改善するため、毎年従業員意識調査を実施
ビジネスパートナー
  • 常に公平・公正な取引を行い、相互信頼関係を築いて成長し合う
  • お取引先の皆さまにブラザーグループのCSR調達の考え方を共有するため、「調達方針」と「CSR調達基準」を公開
  • 「CSR調達レベルアッププログラム」を運用し、お取引先へのCSRアンケートやその結果に基づいた改善要請・モニタリングを継続的に実施
  • お取引先の優秀なCSR活動を表彰
株主
  • 株主からもたらされた資本を活かし、継続して企業価値を高めるとともに、積極的な情報公開を行う
  • 株主総会や決算説明会などで株主・投資家の皆さまへ最新の情報を提供
地域社会
  • 地域社会に対する社会的・経済的・文化的責任を可能な限り分担する
  • 「地球環境への配慮に関連した活動」「『地域』『人づくり(従業員を含む)』を意識した活動」を中心にグローバルに一体感を持った社会貢献活動を推進
  • 各地域の状況に合わせて各拠点が自律的に行う社会貢献活動
  • 大規模災害やパンデミックへの支援
環境
  • 持続的な発展が可能な社会の構築に向け、企業活動のあらゆる場面で地球環境への配慮に前向きで継続的な取り組みを行う
  • 環境配慮製品の創出
  • 消耗品・製品の回収リサイクル
  • CO2排出量・廃棄物削減の推進
  • 化学物質や排水の適正管理
  • 環境コミュニケーションの実施
ガバナンス
  • 活動する国や地域における関連法規、規制を遵守し、文化を尊重する
  • 最高度の倫理観を持って行動する
  • 従業員に、社会の模範となる行動を求める
  • 「コーポレートガバナンス基本方針」に沿ったガバナンス体制の構築と強化
  • 内部統制の有効性を確認する拠点ごとの自己チェックと、内部監査部門の監査の実施
  • コンプライアンス委員会や相談窓口を設置、従業員教育を行い不祥事の未然防止や早期対応、再発防止を推進
  • 情報セキュリティーマネジメントシステム(ISMS)に準拠した「グループ情報管理規程」を定め情報管理体制を構築

お客様

ブラザーグループは、あらゆる場面でお客様を第一に考える"At your side."の精神で、優れた価値を創造し迅速に提供します。そして、お客様との間に長期的な信頼関係とロイヤルティーを築きます。

具体的な取り組みについては、下記をご覧ください。

従業員

ブラザーグループは従業員の多様性を重視し、さまざまな能力を発揮できる職場環境とチャレンジングな仕事への機会を提供します。そして努力と成果に対しては、公正な評価と正当な報酬で応えます。また従業員には、社会の模範となる行動、会社との価値観の共有、目標達成のための努力、水準以上の成果、長期にわたる才能とスキルの発揮が求められます。

具体的な取り組みについては、下記をご覧ください。

ビジネスパートナー

ブラザーグループは、お客様に優れた価値を迅速に提供するために、ビジネスパートナーと常に公平・公正な取引を行い、相互信頼関係を築いて成長し合うことを目指します。

具体的な取り組みについては、下記をご覧ください。

株主・投資家

ブラザーグループは、株主からもたらされた資本を活かし、継続して企業価値を高めるとともに、積極的な情報公開を行い、株主との間に長期的な信頼関係を築きます。

株主・投資家とのコミュニケーション

ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)は、株主・投資家の皆さまへ長期的な信頼関係の構築や、企業価値の持続的な向上を目指し、公正で透明性の高い情報開示や資本市場との建設的な対話活動を積極的に実施しています。
株主の皆さまに対しては、株主通信や招集ご通知、Webサイトなどを通じて、ブラザーグループの業績や最新の話題をお伝えしています。
機関投資家・証券アナリストの皆さまに対しては、四半期ごとの説明会を通じて決算情報をご説明しているほか、積極的に投資家訪問や取材対応などを行っています。
2020年度は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う業績や事業への影響および対応について、四半期ごとに詳細に開示したことに加え、オンライン形式となった決算説明会には主力事業の担当役員も参加し、アナリストや機関投資家の皆さまからの質問に真摯に対応しました。また、四半期ごとに主力事業の担当役員とのスモールミーティングを実施することで、多数のアナリスト・機関投資家の皆さまと建設的なコミュニケーションを図ることができました。さらに、株主・投資家の皆さまからのご要望にお応えして、2020年度の通期決算から産業機器の受注情報を開示したほか、英語による情報発信の充実を図るため、有価証券報告書の全訳版も開示しました。
その他にも、ブラザー工業は、2021年6月23日(水)に「第129回定時株主総会」を名古屋市にある瑞穂工場内ホールで開催し、51名の株主の皆さまにご出席いただきました。前回同様、コロナ禍という環境下での開催にあたり、会場の定員数を減らし、株主の皆さまには来場を控えていただくようにお願いしたほか、事前の議決権行使の推奨、一部役員のオンラインでの出席、登壇役員・事務局へのPCR検査の事前実施、株主の皆さまの入場時の体温確認や受付・エレベーター等でのソーシャルディスタンスの確保など、さまざまな工夫を行いました。本総会では、2020年度のブラザーグループの事業状況の報告や2021年度における対処すべき課題に関する説明を行いました。議案審議では、多くの株主の皆さまからご賛同を得て、すべての議案について原案どおり承認可決されました。

第129回定時株主総会 第129回定時株主総会

ブラザー工業は、これからも株主からもたらされた資本を活かし、継続して企業価値を高めるとともに、より多くの株主・投資家の皆さまとコミュニケーションをとる機会を作り、積極的な情報開示を行っていきます。

ディスクロージャーポリシー(情報開示方針)

ブラザーグループは、グローバルに展開するすべての活動の礎として、「ブラザーグループ グローバル憲章」を制定し、お客様、従業員、ビジネスパートナー、株主、地域社会、環境等、当社を取り巻く全てのステークホルダーの皆様と長期的な信頼関係を築くため、公正で透明性の高い情報開示を積極的に行います。また、ステークホルダーの皆様とのさまざまなコミュニケーション活動を通じ、継続的な企業価値の向上に努めます。

株主・投資家関連データ

2018年度 2019年度 2020年度
決算説明会 年4回 年4回 年4回
株主通信 年2回発行(通期号は招集ご通知と合冊) 年2回発行(通期号は招集ご通知と合冊) 年2回発行(通期号は招集ご通知と合冊)
FTSE4Good Index Series 2020年6月から選定
FTSE Blossom Japan Index 2020年6月から選定
MSCI 日本株女性活躍指数(WIN) 2019年11月から選定
SOMPOサステナビリティ・インデックス 2012年から選定
健康経営銘柄 2017年、2019年、2020年、2021年選定
健康経営優良法人 2017年から認定

地域社会

ブラザーグループは、所属する国や地域に対する貢献を常に意識し、地域社会に対する社会的・経済的・文化的責任を可能な限り分担することにより、よき企業市民となるよう努力します。

具体的な取り組みについては、下記をご覧ください。

このページをシェアする