このウェブサイトはクッキーを使用しています。
このウェブサイトを利用することで、利用者はクッキーの使用に同意することになります。

詳細を確認する 同意する

環境への取り組み「ブラザーグループの環境活動レポート」

トップからの環境メッセージ

持続可能な社会の実現に向けて

ブラザー工業株式会社 代表取締役社長 佐々木 一郎

世界は今、脱炭素社会に向けて大きく舵を切り、経済成長を続けつつ地球環境への負荷を最小限にとどめた持続可能な社会の実現を目指しています。その中で、気候変動をはじめとしたグローバルな課題を解決するため「持続可能な開発目標(SDGs)」や「パリ協定(気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定)」といった、国際的な枠組みも確立されてきました。私自身も気候変動がもたらす異常気象を体感する一方、世界規模の温暖化対策を社会からの要請、さらにはお客様からのニーズとして受け止め、ブラザーグループ全体で取り組むことの重要性をあらためて強く認識しています。

前向きで継続的な取り組みを約束し、環境活動を加速

ブラザーグループは、すべての活動の礎となる「ブラザーグループ グローバル憲章」の中で、持続的発展が可能な社会の構築に向け、企業活動のあらゆる面で地球環境への配慮に前向きで継続的な取り組みを行うことを約束しており、環境スローガン「Brother Earth」のもと、「よりよい地球環境を、あなたとともに。」を統一メッセージとして、ステークホルダーのみなさまとともに、環境活動を加速させています。

Brother Earth よりよい地球環境を、あなたとともに。

「ブラザーグループ環境ビジョン2050」を策定

環境・社会・経済のシステムが統合的に変化し社会環境も大きく変化する中、世界が目指す持続可能な方向へ確実に舵を取り、ブラザーグループ環境方針に則った持続的発展が可能な社会を構築するため、2018年3月に「ブラザーグループ 環境ビジョン2050」を策定しました。この環境ビジョンに基づき、「CO2排出削減」「資源循環」「生物多様性保全」に関する活動を一層強化し、バリューチェーンにおける資源循環といった新たな取り組みについても、仕組みの整備と継続的な活動により、確実に達成してまいります。

社会から信頼される企業へ

私は、社会価値と経済価値の同時実現が企業の持続的成長につながると考えています。例えばブラザーグループでは、各国環境ラベルの要求基準をお客様の課題の解決と捉え、環境に配慮した製品開発に弛まない努力を続けています。また2009年に掲げたCO2削減の「2020年度中期目標」については、2013年度に海外の生産拠点で、2017年度に日本の8事業所で達成し、その後は、バリューチェーン全体へと取り組みを拡大しています。
私は、個人の努力を世界に広めることができる「増幅器」のような機能が会社にあると思っています。ブラザーグループの従業員一人ひとりが社会の要請をお客様からのニーズと捉え、会社という「増幅器」を利用して作り出す商品やサービスが世界全体のCO2排出を減らす。このように環境配慮製品を創出することなどにより社会課題を解決し、社会から信頼される企業になれるよう経営に取り組んでいきます。
2018年度は中戦略「CS B2018」の最終年度であり、110周年の節目でもあります。今年度からスタートした新たな環境ビジョンの実現に向けて従業員が一丸となり、お客様の幸せのために、精一杯尽力いたします。


2018年10月
ブラザー工業株式会社
代表取締役社長
佐々木 一郎

ヨーロッパでの循環経済の実施に向けた取り組み

欧州では近年、循環経済への移行に焦点が置かれており、企業、行政機関共に循環経済の実施に向けた施策を講じています。ヨーロッパのブラザー拠点では2004年より、レーザー製品やインク製品の回収、リサイクルをしており、これまでに計1,400万個以上のトナーカートリッジをリサイクルし、12,500トンの原料の埋め立てを阻止しています。
国際エネルギースタープログラムに適合したブラザーの欧州向け製品は、TEC値(標準的な消費電力)においてカラープリンターで約30%、モノクロプリンターで約10%削減しています。ブラザー製品がブルーエンジェルを取得することで、健康、気候、さらには水や資源に配慮し、環境負荷が少ない製品であることを、またノルディックスワンを取得することで、製品のライフサイクルによる環境負荷に配慮されており、負荷を削減するための措置が講じられていることをお客様に示しています。

ブラザー工業株式会社 グループ執行役員 ブラザーインターナショナル(ヨーロッパ)Ltd. 取締役会長 兼 社長 野地 勲

このように、ブラザーインターナショナル(ヨーロッパ)Ltd.は、社会からの要請に応じるため、ブラザーグループのヨーロッパにおける環境法規制順守や環境負荷削減に向けた活動支援を、また欧州域内のブラザー拠点は、環境負荷削減へのコミットメントを行動により示しており、ISO 14001により環境パフォーマンスを向上し続けるための対策を講じています。

2018年10月
ブラザー工業株式会社
グループ執行役員
ブラザーインターナショナル(ヨーロッパ)Ltd. 取締役会長 兼 社長
野地 勲

このページをシェアする