このウェブサイトはクッキーを使用しています。
このウェブサイトを利用することで、利用者はクッキーの使用に同意することになります。

詳細を確認する 同意する

法規制と社会動向への対応

グリーン調達

グリーン調達の考え方

環境保全活動を推進しているお取引先から、環境に配慮された部品・材料を調達します。

グローバルに事業を展開するブラザーグループでは、製品が開発・設計され、製造され、お客様によって使用され、やがて廃棄され、再利用されるまで、すべての段階で安全かつ環境に対する影響を十二分に配慮することを「ブラザーグループ環境方針」の「環境基本方針」として定めています。2001年2月より、販売するすべての製品に使用する部品・材料について「ブラザーグループ グローバル憲章」のもと、環境に配慮されたものを優先的に調達する「グリーン調達活動」を実施しています。2002年4月には、環境に配慮した製品づくりをお取引先(サプライヤー)とともに推進するため、「ブラザーグループ環境方針」やお取引先(サプライヤー)への具体的なお願い、製品含有化学物質管理業務フローを記載した「ブラザーグループ グリーン調達基準書」初版(Ver.1.0)を発行しました。また、すべてのお取引先(サプライヤー)に対し少なくとも3年に1回の監査により法規制に関わる管理体制や運用状況を確認し、購入する物品がこの基準に従っていることを確認しています。

グリーン調達活動の考え方

1) 環境保全活動を推進しているお取引先(サプライヤー)から購入する。
2) ブラザーグループが定める有害な化学物質を含有していない物品(部品・材料・副資材・製品)を購入する。

適用範囲

ブラザーグループにおいて取り扱う以下の物品に適用します。

  • ブラザーグループで設計・製造し販売する製品に使用する部品、材料および副資材
  • 第三者から設計・製造の委託を受けた製品に使用する部品、材料および副資材
  • ブラザーグループが第三者に設計・製造を委託し、ブラザーグループの商標を付して販売する製品
  • 他社の製品を購入し、組み込んで販売する製品
  • 他社の製品を購入し、そのまま販売する製品
  • 販売促進用の物品

「ブラザーグループ グリーン調達基準書」

世界の環境法規制への迅速な対応をしています。

ブラザーグループは、日々拡充する世界の環境法規制を順守するため、必要に応じて「ブラザーグループ グリーン調達基準書」を改訂し、日本語版、英語版、中国語版(簡体字、繁体字)およびベトナム語版で公開しています。この「ブラザーグループ グリーン調達基準書」においては、ブラザーグループに納入いただく物品へ含有されている化学物質/化学物質群について、法規制などにより世界的に使用が規制されている物質を「RoHS」および「RoHS以外の禁止物質」として「含有禁止化学物質(レベルA)」と定め、物品への含有を規制しています。また、日本の経済産業省が推進しているchemSHERPAで定められた管理対象物質を「含有管理化学物質(レベルB)」と定め、物品への含有を管理しています。このほか、持続的発展が可能な社会の構築に向け、お取引先(サプライヤー)に生物多様性保全への積極的な取り組みや温室効果ガス排出削減計画の策定もお願いしています。

【グリーン調達基準書】

ブラザーグループ グリーン調達システム

グリーン調達システムで製品中の化学物質を厳格に管理しています。

ブラザーグループは、2004年にグリーン調達システムを導入し、すべてのお取引先(サプライヤー)に製品含有化学物質の含有量調査にご協力いただいております。
また、日本の経済産業省が推奨する製品含有化学物質情報の伝達スキームであるchemSHERPAの考え方に賛同し、2018年3月にchemSHERPA形式のデータも利用できるシステムにバージョンアップしました。

ブラザーグループ製品含有化学物質管理業務フロー

ブラザーグループ製品含有化学物質管理業務フロー

なお、2011年度よりブラザーグループでは、人権・労働、安全衛生、公正取引・倫理、品質・安全性、情報セキュリティー、社会貢献などの分野でCSR調達に取り組んでいます。

このページをシェアする